ソロカムバックを控えたジヨン『1分1秒』のMV撮影現場【画像】

ここには数字の「1」を叫ぶアイドルがいます。

人差し指を持ち上げて。


「1」の意味を尋ねると彼女はそれに対して歌でその意味を答えてくれました。

 

t-araj-140512-01

t-araj-140512-02

 

「1分1秒」を叫ぶ彼女はジヨン。

「ティアラ」のカムバック?

いいえ。5月にソロデビューを控えています。

そして今この場所とは・・・

大韓民国京畿道南楊州市、ジヨンのソロアルバムのミュージックビデオの撮影現場です。

去る4月11日、遅れは朝から夕方まで「1分1秒」を叫びました。

 

私たちが今まで知っていたジヨンとは全く異なります。

それもそのはず、ジヨンは 「T-ARA」の末っ子。

主な任務は、「セクシー」よりも「キューティー」にありました。

しかし、この日は違います。

別名「バットダンス」でこれまでにないパフォーマンスを予告しました。

それでは更に現場の様子を詳しく見て行きましょう。

 

t-araj-140512-09

 

「ソロ」のジヨンとしては見せたいものが多かったそう。

ソロ活動には制限が無く自分のやりたい色を出せます。

そのため、今回のソロコンセプトも直接指定したそうです。
全く別の顔とジェスチャーを見せたかったとジヨン。
まずはパフォーマンスから画像で鑑賞してみてください。

今回の振り付けは、「ホットチックス」のペ・ユンジョン団長が務めました。

ここでちょっと、ペ・ユンジョン団長を紹介すると…. 「ブラウンアイドガールズ」の小生意気ダンス(アブラカダブラ)、 KARAのサスペンダーダンスとヒップダンス(ミスター)、「ガールズデイ」の猫ダンス(サムシング)などを完成させたスター振付師です。

そんな彼が「1分1秒」では、「バットダンス」を研究しました。

昼(清純)と夜(セクシー)を「コウモリ」に見たてて象徴化したものです。

それでは「コウモリダンス」はどんなものかチェックしましょう。

「1分1秒」のミュージックビデオでは、水を小道具として使用しました。

これは2つの理由がありました。

まず、反射効果です。

ジヨンの姿がちらちら映ります。

そして残りの一つは・・・ハイライトで確認してください。

 

そして「コウモリダンス」が終わり、「ミラーダンス」が始まりました。

パートナーはペ・ユンジョン団長です。

鏡を挟んで、ジヨンと双子のパフォーマンスを行う予定。

「コウモリダンス」が強烈なら、「ミラーダンス」は繊細です。

呼吸が少しでも乱れるといけないため実際に鏡を見て踊らなければなりません。

 

t-araj-140512-20

午前の撮影が終わりました。

OKサインが出るといつものいたずらっ子に変身します。

ですが「真剣」になるときも。

それは他でもない、チェックの時間です。

 

t-araj-140512-21

ジヨンの目は画面に釘付けとなり小さな動作一つ見逃しません。

もしかしたら間違えているところがるかも??

画面を繰り返しチェックしていきます。

 

t-araj-140512-22

結果は大満足のようです。

モニターを終えたジヨンは、明るい笑顔を作ります。

「よく出てきた」というスタッフの言葉に満足したようにニコニコします。

このようにして午前の撮影が終了しました。

 

「コウモリダンス」と「ミラーダンス」の両方ともかなりの体力を要します。

細かくて、強烈なアクションで構成されているためです。

早朝からの撮影に没頭したジヨン。

体力の充電のためには食事も欠かしません。

 

t-araj-140512-23

レストランに到着しました。

スタッフたちの後ろに静かに腰を据え衣装も着替えています。

 

そしてこの後はすかさず午後の撮影に入ります。

本当にヒールを履いて踊るというのは容易ではありません。

さらに、水の上を踊っていたためジヨンは、足を保護するためにホットパックなどを使用。

午後の撮影には、黒のヒールを履く予定です。

そして再度、午後の撮影開始です。

今回はブラックルック。

黒の衣装に着替えて「ブラックバットガール」に変身しました。

ジヨンが「コウモリ」に憑依したその時、撮影場のドアがそっと開きます。

そして、おなじみの顔が見えました。

「ティアラ」のメンバーであるヒョミンが応援のため訪問したのです。

 

t-araj-140512-44

ヒョミンは来月「ティアラ」の2回目のソロランナーとして登場する予定。

妹との対戦を控えています。

ヒョミンは撮影の邪魔にならないよう、遠くからジヨンの姿を眺めていました。

 

最終的にジヨンとヒョミンが出会いました。

挨拶も早々にまずは濡れたジヨンの足を心配しながらさするヒョミン。

すると急にジヨンがヒョミンの手を引きます。

そしてセットを整備している間に2人でおしゃべりです。

 

 

ジヨンの撮影現場の話はここまで。

タイトル曲「1分1秒」は、異端(ダブル)サイドキックが作曲しました。

ジヨンは「ティアラ」の初のソロで反転の魅力を披露しました。

アルバムは来る20日に発売される予定です。

「ティアラ」のジヨンと「ソロ」のジヨン、その違いを比較するのが観戦のポイントといえるでしょう。

 

(ジヨンのソロアルバム『NeverEver』の発売ショップまとめはコチラ


関連コンテンツ