T-ARA第2のユニット「QBSが5月27日にMV撮影等で日本へ」

ガールズグループT-ARA(ボラム、ジヨン、ヒョミン、ウンジョン、キュリ、ソヨン、アルム)のメンバーがユニットグループで活発な活動を繰り広げます。

23日、所属事務所コアコンテンツメディアによると、ティアラは、ウンジョン、ヒョミン、ジヨン、アルムで構成されたユニットティアラN4に続き、キュリ、ボラム、ソヨンで構成されたユニットで日本でシングルを発表して活動に突入します。


t-ara-130523-02

 

所属事務所側は「ティアラN4は、国内の活動だけでなく、アメリカのヒップホップスター、クリス・ブラウンからラブコールを受けて、12日にアメリカに渡り、クリス・ブラウン、Tアイ、プロデューサーチーム1500 or NOTHINなど多くの音楽関係者やミュージシャンらと会った」とし、「世界的に有名なヒップホップスターのウィズ・カリファ、クリス・ブラウンのコンサートにサプライズゲストとして舞台に上がるために23日出国する」と付け加えました。

所属会社側は「ティアラN4に続いて二番目に結成されたキュリ、ボラム、ソヨンのユニットは、日本でシングルを発表し、日本活動に注力する計画」と明らかにしました。

所属事務所側は「ボラム、キュリ、ソヨンは27日日本に出国し、日本最大のアルバム流通社であるタワーレコードでファンと会う時間を持って日本で発売されるシングル『風のように』のミュージックビデオを撮影する」と伝えました。

 

一方、ティアラは、韓国、アメリカ、日本ではそれぞれユニット活動を展開し、7月中に完全体のアルバムを発表し、国内でカムバックする予定です。


関連コンテンツ