T-ARAが2014ワールドカップ街頭応援に参加して舞台を披露

T-ARA、SISTAR、ソンミ、AOAが江南永東大路にて2014ブラジルワールドカップ大韓民国大アルジェリア街頭応援を行いました。



ティアラ、シスター、ソンミ、AOAが23日午前、ソウル市江南区のCOEX前の永東大路から2014ブラジルワールドカップ大韓民国対アルジェリア戦の街頭応援が繰り広げました。

 

t-ara-140623b

 

午前4時から始まった2014年ブラジルワールドカップのグループリーグH組第2戦大韓民国とアルジェリアの試合はソン・フンミンとク・チャチョルが挽回ゴールを決めましたが、前半だけで3ゴールを奪われ2-4で敗れました。

前半を0-3でリードされたまま終えた韓国は後半5分ソン・フンミンと後半27分ク・チャチョルのゴールで追撃しましたが、アルジェリアの守備に阻まれ追加得点は出来ず。
ソンフングミンとク・チャチョルの挽回ゴールにもかかわらず2-4で敗れた韓国は1分け1敗、勝ち点1を記録していて、得失点差で押されてH組最下位に落ちました。

韓国は27日、ベルギーとの3戦で勝利しても16強の進出を果たすことができない状況に置かれています。
一方、この日大韓民国対アルジェリア戦が行われた際は、応援時に三成駅交差点でのCOEX交差点区間の上り7車線の道路が全面統制されました。


関連コンテンツ