T-ARAが12月11日に行われる『ゴールデングローブ授賞式』でSISTARと共に公演を行います。

 


 

今シーズンのプロ野球の最後を華やかに飾る『2012八道プロ野球ゴールデングローブ授賞式』が来る11日(火)午後4時30分、ソウル三成洞COEXコンベンションセンター3階オーディトリアムで開催されます。

地上波チャンネルSBSを通じて全国に生中継される今回のゴールデングローブ授賞式では、2011年ゴールデングローブ捕手部門の受賞者であるロッテのカン·ミンホが、昨年の受賞者を代表して授賞に乗り出します。

ここにSKのイ・マンス監督、ハンファのイ・ジョンボムコーチらとともにペ・ジヒョン、チェ·ヒラ、キム·ミナなど各スポーツチャンネルを代表するアナウンサー、そしてSBSヤン·ジュンヒョク解説委員、コメディアンのホ·ギョンファン、俳優パク·ポヨン、ホン·スア、オ·ジホなどが授賞者として一緒に舞台に立ちます。

人気ガールズグループティアラとシークレットとKBO 8球団のチアリーダー連合チームの祝賀公演も用意されています。

 

この日の行事では、ゴールデングローブ10個部門授賞に先立って受賞者たちの母校(小、中、高のいずれかを選択)に対してポカリスエットの後援物品伝達式とシーズン中に行われた『八道 愛のホームランゾーン』で募金された基金の伝達式、韓国ヤクルトが進行するドクターK投手の奪三振賞積立金の伝達式が行われる予定。

また、プロ野球が発足した1982年から野球行政家としてプロ野球の発展に大きな貢献をしていた故イ・ホホン前KBO招待事務次長に功労牌を授与し、蚕室(チャムシル)野球場の建設に主導的な役割を担当したキム・ジョンナク氏前大韓野球協会会長と浦項球場を建設して野球インフラの拡充に大きく寄与したパク·スンホ浦項市長、プロ野球タイトルスポンサーとして、今年のシーズンのプロ野球活性化のために物心両面で支援を惜しまなかった代表取締役に感謝状を渡す予定です。

これと共に『フェアプレー賞』の受賞者に選ばれたサムスンのパク・ソクミンの授賞と社会福祉共同募金会が授与する『愛のゴールデングラブ賞』、韓国スポーツ写真記者会が選定する『ゴールデンポート賞』の授賞も一緒に進行されます。

2012八道プロ野球ゴールデングローブ賞受賞者に選定された選手たちには野球用品ブランドZETTが提供する選手用グローブを含む300万ウォン相当の野球用品とナイキが提供する100万ウォン相当の商品券を贈呈して、フェアプレー賞受賞者であるサムスンのパク・ソクミンにトロフィーと賞金500万ウォン、ゴールデンフォト賞受賞者にはニコンのDSLRカメラが授与されます。


関連コンテンツ