T-ARAをはじめとする7月にカムバックする歌手達に関する記事です。

 

 


 

今年の7月は大型歌手たちのカムバックに歌謡界が熱くなる展望です。

まず、7月1日に音源を発表するスーパージュニアは、軍服務を終えて帰ってきたカンインが合流して10人で活動を始める予定。

6集”セクシー、フリー·アンド·シングル(Sexy、Free and Single)”は、夏に似合うソウルフルハウスジャンルの曲で個性あるボーカルと中毒性の強いリフレインで勝負に出ます。

ガールズグループ最強者の2NE1もカムバックします。

2NE1は去る6月25日にYGエンターテイメントの公式ブログにCLのティーザー写真を公開したのに続き、26日にはパク·ボムのティーザーを公開しました。

2NE1が音楽と、強大な音源パワーでもう一度大勢をつかむことができるか歌謡界がざわめいています。

 

曲を出すたびにヒットを放ってきたティアラも7月にカムバックします。

超大型SFミュージックビデオティーザーを公開して注目を集めたティアラは8番目のメンバーアルムが参加、ミュージックビデオには、9番目のメンバーダニが登場して、”デイ·バイ·デイ”を使用して、もう一度音源チャート占領に乗り出します。

新しい強者として浮かび上がったシスターは6月の端にカムバックして7月に本格的に活動を繰り広げます。

去る6月22日からヒョリンのティーザーを皮切りに順次、個人ティーザーや団体ティーザーを公開したシスターは、これまでの健康なセクシーさを追求したのとは違い今度は”Lovin ‘youでさわやかさに挑戦するそうです。

イム・シワンとファン・グァンヒの宣伝で注目を集めている帝国の子供たち(ZE:A)は、7月に正規2集活動を始めます。

7月4日にアルバム発売と音源公開を同時にす る帝国の子供たちは、タイトル曲「後遺症」で大勢男性グループに浮上するチャンスを狙います。

注目されるソロ歌手たちのカムバックも相次ぎます。

前の所属事務所との長年の法廷攻防が終わり、いよいよ新しいアルバムを発表するユンナは、すでにデュエット曲を先行公開して話題となりました。

ユンナは7月4日に正規4集を発表し、28日にカムバックコンサートを開催してさっぱりとした音楽を聞かせる予定。

2AMのチョ・グォンも7月に本格的に活動を行う予定です。

初のソロアルバムを発表するチョ·グォンはエレクトロニックハウスダンスジャンルのタイトル曲”I’m Da One”で6月29日にカムバック舞台を持って7月からグォンらしい魅力が盛られた舞台で歌謡界の占領に乗り出します。

“スーパースターK2 “出身のチャン・ジェインは、前所属事務所との契約終了後、歌手として初のアルバムを発売します。

一人立ちを宣言した後、大道芸などに注力していたチャン・ジェインがキム·ヒョンソクが去った後、最初に発売される歌は、7月末に発売予定であり、多くの人々がチャン・ジェイン独自の音声に期待を寄せています。

このように相次ぐカムバックで激戦が予想される歌謡界では、6月にカムバックしたワンダーガールズ、f(x)、ビッグバン、アフタースクールなどと一緒に激しくも熱い夏をプレゼントする予定です。

暑くて不快指数の高い7月に選んで聞いて見る楽しさがある歌謡界では、勝者は誰 になり、誰が一番愛を受け取るのか、その成り行きが注目されています。


関連コンテンツ