T-ARAは9月7日の『ミュージックバンク』には出演せず

 



ティアラが正常にカムバック舞台を終えました。

このうち『ミュージックバンク』には出演せず1テムポ休んで行く予定です。

9月6日Mnet 『エムカウントダウン』で『SEXY LOVE(セクシーラブ)』で派手にカムバックしたT-araは7日放送されるKBS 2TV『ミュージックバンク』には出演しないことを決定しました。

 

 

『ミュージックバンク』の関係者は「ティアラの出演に関して議論しているが、まず7日の放送ではカムバック舞台を持たない」と話しました。

しかし、8日MBC 『ショー!音楽中心』とSBS『人気歌謡』の舞台には上がる計画です。

続いて9月18日午後8時、香港九龍地区にあるスターホールで大規模なショーケースを開催します。

 

一方ティアラは6日『エムカウントダウン』で立派なカムバック舞台を構えました。

先立って騒音はありましたが、この日は中毒性の強いロボットダンスを披露して人目を引きました。

『SEXY LOVE(セクシーラブ)』は、 『BO PEEP BO PEEP』、『 ROLY-POLY(ロリーポリー)』、 『LOVEY-DOVEY(ラビーダビー)』と着実に呼吸を合わせてきた作曲家シンサドンの虎とチェ·ギュソンの作品であり、バラード『昼と夜』は幻想のコンビである作曲家チョ·ヨンス、アン·ヨンミンの作品です。


関連コンテンツ