T-ARAの『SexyLove』のカムバック舞台に関して

 

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201209061008581210

 


ティアラが今日(6日)エムカウントダウンカムバック舞台に際して単独で事前録画を終えました。

当初エムカウントダウンで進行されるティアラの『SEXY LOVE(セクシーラブ) 』カムバック舞台にはリトルティアラが35秒のロボットダンスでオープニングステージを飾る予定でした。

しかし、リトルティアラの35秒のロボットダンスオープニング舞台がインターネット上で舞台を一緒にすると誤って伝えられて議論の末にオープニング舞台を披露しないと判断しました。

 

 

ティアラの『SEXY LOVE(セクシーラブ)』カムバック舞台はティアラ単独で飾られ、 『SEXY LOVE(セクシーラブ)』と一緒に話題を集めているバラード『昼と夜』も披露します。

 

ティアラの新曲『SEXY LOVE(セクシーラブ) 』は、『 BO PEEP BO PEEP』、『ROLY-POLY(ロリーポリー)』、『 LOVEY-DOVEY(ラビーダビー)』へと着実に呼吸を合わせてきた作曲家シンサドンの虎とチェ·ギュソンの作品であり、バラード『昼と夜』は幻想のコンビ作曲家チョ·ヨンス、アン·ヨンミンの作品です。

ティアラのカムバック舞台は9月6日午後6時Mカウントダウンで観ることができます。


関連コンテンツ