9月13日放送の『エムカウントダウン』。

1位はKARAの『パンドラ』でしたが、T-ARAはこの日の舞台でも素敵な公演を披露してくれました

 


 

ガールズグループティアラが可愛いトランプの妖精に変身して視線を捕らえました。

ティアラは9月13日の午後に放送されたMnetの音楽番組『Mカウントダウン』に出演して新曲『セクシーラブ(SEXY LOVE)』を熱唱しました。

T-ARAはこの日トランプをイメージした服装でキュートな魅力を誇示しました。

ここにティアラは感覚的で中毒性のあるメロディーラインが引き立つ曲でポイントの振付であるロボットダンスで雰囲気を高めました。

『セクシーラブ』は『BO PEEP BO PEEP』、 『ロリーポリー(ROLY-POLY)』、 『ラビーダビー(LOVEY-DOVEY)』へと着実に呼吸を合わせてきた作曲家シンサドンの虎とチェ·ギュソンの4番目のシリーズ作品です。

去る5日に公開されたロボットダンスバージョンは18万9252回を記録してミュージックビデオのランキングでトップを占めています。

それだけでなく、バラード曲『昼と夜』のミュージックビデオも10万件に近い照会数を記録するなど好成績を収めました。

 

一方この日の『エムカウントゥダウン』はKARA、シークレット、オレンジキャラメル、FTアイランド、ティアラ、UV、帝国の子供たち、BAP、BTOB、ランブルフィッシュ、EXID、ソルビ、TWO X、EVOL、フレッシュボーイズなどが参加して素敵な舞台を披露しました。


関連コンテンツ