1月12日に放送されたMカウントダウンに出演したT-ARAの「LoveyDovey」ライブ動画+ニュースの紹介です。

 

 

ソース

http://media.daum.net/entertain/enews/view?cateid=100029&newsid=20120112191203496&p=ked&mredirect=false

 


 

 

[キムヘジン記者]

グループティアラが派手なシャッフルダンスの実力を発揮した。

1月12日に生放送で進行されたMnet”Mカウントダウン“でティアラがダンシングクイーンのダウンロードデビューを飾った。

 

この日のティアラは赤いスキニージーンズのシースルールックでファンキーながらも、セクシーな魅力を発散してタイトル曲”ラビーダビー”の舞台に上がった。

 

レザースキニーの完璧なスタイルの屈曲を見せたティアラはこれに加えて、さらに一層成長したビジュアルを示して男性ファンたちの注目を集めた。

 

特にティアラはシャッフルダンスによって”クライクライ”で見せたカリスマある姿とは相反するトントンと跳ねるスポーティさを示し、これを見て視聴者たちの肩を動かした。

 

“ラビーダビー”は、新沙洞タイガーとチェギュソンが共同作曲、作詞した作品で、強いビートのエレクトリックサウンドが引き立つポップダンス曲だ。

 

一方この日放送には、ティアラ、エイピンク、ダイナミックデュオ、エムブラック、TEENTOP、エレクトロボーイズ(feat.イェジン)、NINEMUSES、マンデーキッズ、アズワン、イヒョン、などが出演した。

(写真出処:Mnet”Mカウントダウン”の放送のキャプチャ)] bntニュース記事情報提供star@bntnews.co.kr

 


 

ティアラ’エムカ’1位にダイナミックデュオが泣き顔パフォーマンス

ソース

http://m.media.daum.net/media/entertain/newsview/20120112192517632

 

 

[ニュースエン電源記者]

ティアラが、”ラビーダビー”(Lovey – Dovey)で初の1位に上がって喜びを満喫した。

 

一方、1位獲得に失敗したダイナミックデュオは泣きがおをみせた。

 

ティアラは1月と12月に放送されたMnet’ エムカウントダウン ‘でタイトル曲”ラビーダビー”によってトップを占めた。

ティアラは明るい顔で所属事務所の家族たちとファンたちに感謝の挨拶を伝えた。この日、ティアラは、先週1位のエイピンクと、大勢ダイナミックデュオを抜いて堂々とトロフィーを獲得した。

 

が、喜ぶティアラとは異なり、ダイナミックデュオは、ティアラの後ろから口を覆って涙を流すような行動を見せて大きな笑いをプレゼントした。

実際に叫ぶのではなく、”泣くふり’なので、これを見てファンに風変りな楽しさを与えた。目と口は泣いていたが、肝心の涙は流れなかった。

先立ち、ダイナミックデュオは一位になった感想を伝えていた中、”1位の欲はないが、一度ぜひやってみたい”という願いを表わしたことがある。

 

電源記者wonwon @記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com

Copyrightⓒ無断転載&再配布禁止


関連コンテンツ