21日に行われたK-POPワールドフェスティバルに関するニュースです。

 

ソース

http://m.media.daum.net/media/entertain/newsview/20111222030107814

 


 

ガールズグループティアラとシスターがそれぞれ他の魅力のミニファッションでセクシー美を発散した。

 

21日に放送されたKBS 2TV’K – POPワールドフェスティバル”のオープニング舞台を飾ったシスターは強烈な銀色のミニドレスで魅力を披露した。

“So Cool”のパワフルなパフォーマンスを最大化するスタイリングでトップスタイル、オープンショルダースタイルなど、メンバー一人一人の個性を強調するコーディネートで華やかな舞台を整えた。

 

ティアラの場合、金のジャンプスーツに紫色のジャケットをマッチ、落ち着いた雰囲気を出した

 

しかし”cry cry”のステージ中盤には、ジャケットを脱いで金シースルールックで大胆な魅力を発散した。

ここではボラムのダンスとスカーフを使ったパフォーマンスで舞台を掌握した。

一方、去る7日、慶南昌原で行われた”K – POPフェスティバルには21のチームが参加し、コンテストを行った。パフォーマンス部門で、グループSHINeeの”Ring Ding Dong”をカバーしたカザフスタンのJAMが大賞を獲得した中でボーカル部門では、ユミの”星”を歌ったフィリピンのカラーカメレオンが占めた。

 


 


関連コンテンツ