今年の夏に韓国で正式にファンクラブを創立することは既に報じられていましたが、同時に大型のコンサートも開かれるようです。

 

ソース

http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201202270100186510016794&servicedate=20120226

 


 

ガールズグループティアラがデビュー3周年を迎え、今夏ファンクラブ創立式超大型コンサートを開く。

ティアラは去る2009年デビュー曲”嘘”を皮切りに、 “Bo Peep Bo Peep ‘、’ウェイロニ’、’あなたのせいで狂いそう”、”ロリーポリー(Roly-Poly) “、”クライクライ(Cry Cry) “、”私たち愛し合っていたのに”、”ロビードビー(Lovey-Dovey) “などで2年ぶりに数多くのヒット曲を作り出した。

所属事務所コアコンテンツメディアのキム·グァンス代表は”今年7月初め、これまでティアラの願いだったファンクラブ創立式と一緒に新しいアルバムを持ってティアラがファンを尋ねる予定“としながら”7月の終わり頃にはデビュー3周年を迎えティアラの超大型コンサートも計画中だ“と述べた。

 

“BoPeepBoPeep”の猫ダンス、 “ロリーポリ”ーのレトロダンス、 “ロビードビー”のシャッフルダンスなどティアラをスターダムに乗せた金代表は、今回はティアラにどのような音楽とどんなダンスで新しい姿を披露するかという悩んでいる。

キム代表は、ガオンチャート授賞式で”ロリーポリー”により、今年のプロデューサー賞を受賞した。

ティアラメンバーたちは”今年の”ロビードビー”でトリプルクラウンも受賞して気持ちよくスタートしたが、夏には、ファンクラブ創立式と初コンサートを計画中とあって、すでにあまりのときめきに震える”と伝えた。

一方、ティアラは”ロビードビー”を最後に国内活動を終えた後、現在日本では”ロリーポリー”のアルバム発売を控えている。

また、昨年には日本での活動を10%程度並行していたが、今年はその割合を30%程度に増やす計画だ。

 

イ·ジョンヒョク記者jjangga@sportschosun.com

 


 


関連コンテンツ