T-ara、少女時代、ワンガでポータルサイト音の海の上位を独占です。

 

ソース

http://www.t-arafan.com/zeroboard/zboard.php?id=news&no=8765

 


 

 

ワンダーガールズ、ティアラ、少女時代が音楽ポータルサイトの音の海の11月4週(11月20日〜26日)の週間チャートで並んで1、2、3位になった。

ワンダーガールズの”Be My Baby”は、先週のティアラに1位の座を譲ったが再びそれを取り戻した先週トップを占めていたティアラの”クライクライ(Cry Cry)”は2位になったし、少女時代の”ザボーイズ(The Boys)”は、1ランク上昇し3位にランクされ、根強い人気を継続している。

去る25日6集でカムバックしたダイナミックデュオの新曲”日が昇る時まで(Girl)”は、33ランク上昇して5位に上がる底力を発揮した。チョPD師団のミスエスは、2集の新曲”最後にはこうするだろう”で10位に新たに名を連ねた。

10位圏の外には、ドラマ<私も、花> OSTに挿入されて世間の関心を受けてMissAスジの”涙が多くて”が12位に上がったしウルラルラセッションのデビュー曲”あなたと一緒に”が15位にランクインした。

エレクトロボーイズの”トンボーイ2(Ma Boy 2)”は、先週の96位から81ランク上昇し18位に上がった。

また、去る20に日放送されたMBC”私は歌手だ”でユンミンスcjdmaダンスに挑戦した”記憶喪失”が19位を占めた。

音の海の関係者は”ワンダーガールス、ティアラ、少女時代のような大型アイドルガールズグループもチャート上位を占領して大勢を成し遂げる中で、ダイナミックデュオ、エレクトロボーイズのようなヒップホップグループの善戦とその反響が印象的だ”と伝えた。

 

 

 

 


関連コンテンツ