T-ARAのウンジョンが出演したドラマ「仁粹大妃」の2月11日放送分に関するニュースです。

 

ソース

http://osen.mt.co.kr/article/G1109351183

 


 

 

[OSEN =ギムギョンジュインターン記者]

ガールズグループティアラのハム・ウンジョンと俳優ペク·ソンヒョンが、お互いに送る切ない目つきが視線をひきつけている。

総合編成チャンネルJTBC週末ドラマ’ 仁粹大妃“では、ウンジョン、ペク·ソンヒョンカップルの切ないアイコンタクトの演技が盛られた現場写真を公開した。

 

公開された写真の中には原因不明の病気にかかり弱りきった姿のペク·ソンヒョンとセジャビンと世子嬪のハム·ウンジョンがまもなく近づく別れを前に、お互いが切ないということを隠しきれない場面で、2人の愛が最後へと向かっていることを知らせてくれる場面でもある。

先立って王妃になろうとする欲一つだけで首陽大君の嫁になろうと決心した幼い仁粹(ハム·ウンジョン)と彼女を愛しながらも、彼女の意をかなえることができなくて心を痛めていた首陽大君(ペク·ソンヒョン)の恋物語は、視聴者たちの関心を集め、 “仁粹大妃”の劇初盤の人気独り占めしていた。

そのため、二人の終わらんとする愛が視聴者たちの物足りなさを呼び起こすことが予想されている状況だ。

一方、 “仁粹大妃”は、来る11日午後8時45分放送される。

trio88@osen.co.kr <写真>メガホン提供

 


 


関連コンテンツ