先に話題となったウンジョン出演バラエティ「私たち結婚しました」におけるインドネシア撮影での台本問題(?)ですが、MBCが公式的に立場を表明しました。

まさかここまで大きくなるとは。それだけ韓国での関心は高いようです。

 

ソース

http://osen.mt.co.kr/article/G1109363624

 


 

[OSEN =ピョジェミン記者]

 MBC ‘私たち結婚しました”の制作陣が台本を持っているのではないかという疑惑に対して積極的に釈明しました。

12日午後、 “私たち結婚しました”の製作陣はOSENに”インドネシアの撮影時に演技者に対してココナッツを食ようと提案をした”としながら”しかし実際に撮影が入るとファンが殺到した。そのため騒動のなかで演技者が忘れてしまわないようにと思って作家がスケッチブックに”ココナッツを食べよう”と書いて知らせた”と釈明しました。

続いて”シナリオがないため、そのような些細なことでもスケッチブックに書いたもの”としながら”もしシナリオがあれば、あえてスケッチブックで撮影の合間に知らせる必要があるのか”と反論もしました。

また、この関係者は”このようにシナリオが存在するのではという論議さえもプログラムに対する関心の1つだから感謝している”と付け加えました。

先立って12日午前、インターネットコミュニティではインドネシアに旅行に出発したイ·ジャンウとウンジョンの姿を写した写真が公開されて論難が巻き起こりました。

写真で作家と推定される一人の女性が”ココナッツを食べよう”と書かれたスケッチブックを持っており、ネチズンの間でシナリオが存在するのではないかという疑惑が提起されたのです。

論争が起きるとウンジョンは12日午後、自分のTwitterに”ココナッツは、その国の有名な飲み物で自慢ですからね。露出があったほうがいいだろうと思って準備してくださったようです。スケッチブックに書いて見せてくれたのは今までで3回しかない上に出来ない時が多いです。枠は決まっていますが、台本はなく、 “今日はこれで遊ぶぞ”とだけ常に投げかけてくださって、特に何もないです”と直接釈明しました。

jmpyo@osen.co.kr


関連コンテンツ