21日公開されたT-araの「CryCry」に関する韓国サイトの記事です。

 

ソース

http://www.t-arafan.com/zeroboard/zboard.php?id=news&no=8618

 


 

ガールズグループT-araは”クライクライ(Cry Cry)”の三番目にあたるミュージックビデオバラードバージョンを、今日(21日)の午前11時初公開した。

 

ティアラの”クライクライ”は、ミュージックビデオティーザーを公開すしてぐに話題になり、ドラマ版のミュージックビデオが公開された当時には30分でTVミュージックチャート1位を記録した。

 

これにティアラはファンの熱い愛に報いる意味で、”クライクライ”のドラマ版のミュージックビデオに続いてダンスバージョンを公開したし、今度はバラードバージョンを公開することになった

 

こうなった経緯としては、”クライクライ”のドラマ版のミュージックビデオに挿入されたバラードバージョンの”クライクライ”の音楽を聴いて、ダンスバージョンも良いがバラードバージョンは、より切なくて悲しいという反応があったからだ。

ドラマ版に引き続き公開された、ダンスバージョンのミュージックビデオも公開直後から話題になり、ファンたちは

“歌、振りつけもいい”、”すばらしい。ティアラファイティン!”、”ティアラ!幻想的だ”、”本気でカリスマ炸裂。最高だ”

 

などの反応を見せてTVミュージックチャート1位に浮上した。一方、ティアラは、日本二番目シングルアルバム”YAYAYA(ヤヤヤ)”の発売を控えて日本に出国しており、国内の活動と併行する予定だ。

 


関連コンテンツ