2月2日に放送されたジヨン出演の「チュビョンジンのトークコンサート」に関するニュースです。

 

 


 

ティアラのジヨン”誰も知らない新しいティアラリーダーの交代…恥ずかしい”

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202022334371001

 

 

ジヨンが自分も知らない間にリーダーが交代されていた事情について言及した。

2月2日放送されたMBC’チュビョンジントークコンサート”に出演したティアラのジヨンは、自分でも知らなかった間にリーダーが交換される笑えない事情を公開した。

ジヨンは”日本では携帯電話でインターネットを開けた瞬間のポータルサイトに、我々のことが書かれていた。喜んで記事を見たらリーダーが変わっていたことが書かれていました。ヒョミンがリーダーであることを確認し、”お姉さんリーダーだって”って言ったらヒョミンが社長に電話して聞いてました。考えてみると私たちははとても忙しくて、電話を受けられなかった”と話した。

引き続きジヨンは”今のリーダーはまた、ソヨンだ。ティアラのアルバムの活動ごとに定期的にリーダーが変わる”と言って笑いを誘った。

[ニュースには同社のチョンジウォン記者] 同社のチョンジウォン記者jeewonjeong @

 


 

 “ジュトコン”ジヨン、悪質な書き込みの話に涙、”今も避けている”

ソース

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=194912

 

 

[TVレポートイオイン記者]

ティアラのジヨンが、悪意のあるコメントの話の際、話をつなぐことができずに涙を見せた。

2日午後11時10分に放送されたMBC TV’チュビョンジントークコンサート”でジヨンを含めてスーパージュニアのシンドン、カラカンジヨン、ZE:Aのシワン、レインボーキム・ジェギョンが出演した中で、インターネット、悪意のあるコメントへの思いを共有した。

 

シンドンは、”デビュー初盤には悪質な書き込みを見たがこらえられなかった。それでも我慢しなければならないから見ないことが最良だろう”とし、”短いながらもインパクトの強い悪質な書き込みが多い。”あなたは嫌い””あの子が出ると不快だ””豚”などがあり、今は笑いながら言うが、当時は”どうしてそんなことを言うのだろう?”と息苦しかった”と話した。

 

続きジェギョンは、”たくさん傷ついたので、コンピュータはほとんど触らないが、デビューと同時に、私の両親がコンピュータを学ぶ際に気に障ったので、見てはいけないと言った”と述べた。

 

一方、ジヨンは”私は鞭を好む。悪い話を聞くと、負けん気がおこる。たまに鏡を見ながら自分に罵る。”おいしっかりしろ”と。自分の管理が疎かになったり練習するのが嫌になった時は悪意のあるコメントをわざわざ見てて自分に言い聞かせる”と立派な姿を見せた。

 

最後にジヨンは”悪質な書き込みのためにたくさん傷ついた。デビュー当初から本当に大変だった“と涙を流した。

彼女は”今でも避けているが、ジヨンの言葉を聞いてあえて見る必要もあると思う。少しずつ勇気を出してみたい”と念をおした。

 

ジヨンはこの日、忙しいスケジュールのため、親とも6ヶ月間会うことができなかったとのビデオレターと新年の挨拶を伝えて恋しさを伝えた。

写真= MBC TV’チュビョンジントークコンサート”のスクリーンショットイオイン記者jarrje@tvreport.co.kr

 


 

ジヨン 涙しながら”デビュー当初から悪意のあるコメント、インターネットもしない”

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202030039431001

 

 

ジヨンが悪質な書き込みのために涙を流した。

2月2日放送されたMBC’チュビョンジントークコンサート”に出演したティアラジヨンが涙を流した。

 

悪意のあるコメントと関連した質問にティアラのジヨンは、”私は、悪質な書き込みでたくさん傷ついた。デビュー初めから今まで本当に大変だったが、当時私はとても幼い年齢で…”と、とても言葉を続けることができないまま涙をこぼし出した。

 

シンドンは”どうしても女性芸能人たちは傷つきやすい上に噂もたちやすい。”ソンプル運動”というものがあるのでみんなで参加してほしい”と話した。

やがて涙が止まったジヨンは、”実は今も悪質な書き込みを避けるためにインターネットをあまりしていないが、今では、直接ぶつかる必要があると考えている。勇気を振り絞りたい”と言って心を引き締めた。

[ニュースには同社のチョンジウォン記者] 同社のチョンジウォン記者jeewonjeong @

 


 

“ジヨン”恋愛禁止の規定はないが時間がない”

ソース

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=194916

 

 

[TVレポートイオイン記者]

ガールズグループティアラのジヨンが忙しいスケジュールの不満を吐露した。

2日午後11時10分に放送されたMBC TV’チュビョンジントークコンサート”でのジヨンは、アイドルの恋愛禁止に関した質問が出ると、”そんなのはティアラにはない”と語り周囲の羨望を集めた。

 

しかし、彼女は”しかし、時間を与えてくれない。終日スケジュールがしっかり詰められていて恋愛することができない”と眉をひそめた。

ジヨンはこの日、”一日に最も多いスケジュールが12社だった。どうやってするの?やってみたら、いつのまにか恋愛していたよ””忙しくてご両親を6ヶ月の間見たことがない””デビュー以来、学校にもきちんと通ったことがない。友達も私を芸能人としてのみ見ている”など、若い年齢でアイドルに生きてきた上での苦情を打ち明けた。

この日の放送では、全世界に吹いている韓流熱風の主役である”K – POP”スター5人衆が出演して巧みな話術を披露した。

写真= MBC TV’チュビョンジントークコンサート”のスクリーンショットイオイン記

 


 

 


関連コンテンツ