T-ARA N4がビヨンセのプロデューサーの要請でLA現地ミーティング

ティアラN4がプロデューサーチーム1500 or NOTHINからラブコールを受けました。

5人のプロデューサーが集まっているプロデューサーチーム1500 or NOTHINは、ビヨンセ、リアーナ、スヌープドッグ、クリス・ブラウン、ウィズ・カリファなど多くのアーティストの音楽をヒットさせた有名プロデューサーチームです。


15日T-ARA N4の所属事務所によると、これらはヒップホップスターレイジェイ(Ray J)が5月13日、自身のTwitterにティアラN4に関する文を書いたのを見たのがきっかけでT-ARA N4にラブコールを送ったというもの。

 

t-aran4-130515-01

 

所属事務所側は「プロデューサーチーム1500 or NOTHINがティアラエN4に音楽作業をしているスタジオに来て欲しいという提案をしてきたので15日午後3時(LA現地時間)から会議をする」と明らかにしました。

これと共にティアラN4はソニーのスタジオでYouTubeチャンネルネットワーク本社のFULLSCREEN(フルスクリーン)代表からの招請を受けて訪問して手厚いもてなしを受けたと伝えられました。

YouTubeチャンネルネットワーク本社のフルスクリーンは、世界中のコンテンツを作るところです。

所属事務所側は「米国に滞在しているティアラN4はアメリカの音楽関係者やミュージシャンから多くのラブコールを受けている。予定されたスケジュールにそって韓国への帰国日程を調整中だ」と付け加えました。


関連コンテンツ