コアコンテンツ側のグローバル戦略「T-ARAの中国進出を皮切りに」

ガールズグループT-ARAなどが所属しているコアコンテンツメディアは「グローバルマーケティングを強化する計画だ」と明らかにしました。

コアコンテンツメディア関係者は1日午後、コアコンテンツメディアは、新しい法人を設立、MBKエンターテイメントとして再誕生するという報道について「ティアラの中国進出を皮切りに、グローバルマーケティングの強化を推進している。グローバルビジネスに力を入れる計画」としながら、「新しいアーティストの勧誘も考慮している」と明らかにしました。



ティアラは最近、中華圏の有名歌手アンディ・ラウとジャン・ハクオ、ジャン・フイメイなどのコンサートを主催した会社とマネジメント契約を締結しました。

 

t-ara-141004-01

 

ティアラが中国内で大きな人気を集めており、年間1億元(約165億ウォン)以上の売上を上げることを期待し、3000万元(約50億ウォン)という条件を提示したことが分かっています。

コアコンテンツメディアがT-araの中国進出を皮切りに、グローバルマーケティングの強化に力を加えることで、韓国内を越えて海外でもさらに活発な活動を続けていくと思われます。

コアコンテンツメディアには、ティアラをはじめ、俳優ハ・ソクジンとソン・ホジュンなどが所属しています。


関連コンテンツ