T-ARA出演の「音楽の旅イエスタデイ」が25日放送「新旧コラボレーション 」

親の世代とK-POPを愛する子供世代が一緒に見て聞くことができる新たなステージが始まります。

去る15日京畿道一山のMBCドリームセンターで「音楽の旅イエスタデイ」の最初の舞台が公開され「大学歌謡祭特集」に飾られたこの日の舞台には、イ・ジョンソク、ウスンシル、チョン・ユナなどの大学歌謡祭出身の歌手のほかKwill、VOS、ホ・ガク、イム・ジョンヒ、T-ARAなどの後輩歌手たちが出演して舞台を輝かせました。


後輩歌手たちは、自分のヒット曲ではなく、大学歌謡祭のナンバーを歌いました。

既存の「音楽トークショー」ではアイドル歌手が出てきて他の人の曲を歌うというケースがしばしばでしたが、普通は自分の新曲を用意します。

 

t-arak-140124

 

しかし、この日の舞台は、トークや雑談ではなく、完全に音楽だけで構成され人目を引きました。

大衆文化の評論家のチョン・トクヒョン氏は「発表されたのは20~30年で7090曲だが、現在までに多くの愛を受けた曲たちだ」と語りました。

また、「過去の歌が現在の歌手たちと出会って共感をもたらすことができる舞台という点で意味が大きい。私たちの時代のレジェンドを訪ね視聴者たちと疎通してより多くの光を放つ舞台になるだろう」と期待感を表現しました。

 

先輩後輩の調和が光った「音楽の旅イエスタデイ」は、来る25日の夜12時35分初放送されます。



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

このページの先頭へ