T-ARAが12月2日ソウル総合芸術学校ファッション画報展示会に参加

歌手T-ARA、デザイナーのイ・サンボン、俳優チョ・ソンハ、イ・ヒョジョン、ユン・チョルヒョンなどの有名スターたちが、ソウル総合芸術学校ファッション化の保全に参加しました。

ソウル総合芸術学校(理事長キム・ミンソン)が12月2日に芽ギャラクシーホールでファッション写真展のオープニングショーを開催しました。


この日の行事では教授の指導でファッションスタイリストの専攻生23人がファッションマガジンの表紙のコンセプトで撮影した100点余りの作品を披露し、12月4日まで展示が続きます。

 

t-ara-131203g

 

この日の祝賀公演ではテノールのハ・マンテク教授声楽公演に加え、在学生たちの韓国舞踊、ジャズダンス、管弦楽、ピアノ独奏公演が繰り広げられました。

特にT-ARAのメンバーウンジョンとキュリがステージに上がり、祝辞をした後、ファッション写真集のポーズを取って熱い呼応を受けました。

破格的なブロンドの髪に変身したウンジョンは「舞台に上がってみると、ファッションスタイリングや美容に多くの方々の支援を受けていると感じます。学生のプロに劣らない作品に感銘を受けました」と話しました。

 

また、デザイナーのイ・サンボン氏は祝辞で、「斬新で独創的な学生の作品に感銘を受けました。韓国のファッション界をリードする有能な人材を育ててほしい」と話しました。

この日の行事には、有名芸能人のほか、国会議員のパク・チャンシク、ソウル大学法学科ソン・ナクイン教授、日英の外国語高校パク・ギョンジェ校長、仁川(インチョン)アジア競技大会、低炭素環境委員会ジョン・ヒョンフイ委員長、ミュージカル製作社PMCチェ・ヨンソク公演部長などが席を一緒にしました。

 

一方、ソウル総合芸術学校ファッション芸術学部は、ファッションデザイン専攻、ファッションスタイリスト専攻、ファッションマーケティング専攻、ファッションGoods(小物、雑貨)デザイン専攻の4つの専攻が開設されており、デザイナーのヨニP、ローガン、チェ・ボムソク、シン・ジェヒ、イ・ソクテ、パク・ソニョンなどが教授として在職中です。



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

T-ARAペン交流

交流や質問はコチラに
t-ara掲示板トップ

このページの先頭へ