T-ARA(ティアラ)の無理のあるコンセプトの起源とその狙いとは?

7月25日に韓国で放送された『余裕満々』に出演したT-ARAが語ったこれまで行ってきた無理のあるコンセプトについて

 

ソース

http://news.nate.com/view/20120726n24022

 


 

ガールズグループティアラが無理のあるコンセプトに関する訴えを打ち明けて話題となっています。

去る25日、ティアラはKBS2 『余裕満々』に出演して毎アルバムごとに話題になった『ティアラの無理なコンセプト』への心境を吐露しました。

この日のメンバーは、このような無理なコンセプトにより恥ずかしくてトイレも行けなかったという残念な告白を伝えることもしました。

しかし、 『ティアラの無理なコンセプト』の起源をさかのぼると、キム·グァンス社長は最初からティアラに無理なコンセプトを強要していたわけではありませんでした。

実際に2009年7月29日に放送されたMBC 『黄金漁場ラジオスター』だけを見ればティアラのメンバーはすべて、通常の衣装とメイクを披露しています。

では、その始りはどこになるのでしょうか?

 

ティアラを今の地位につけるのに決定的な貢献をした『Bo peep Bo peep』で『ティアラの無理なコンセプト』伝説が幕を上げました。

当時『Bo Peep Bo Peep』は猫の耳と手袋だけでも十分可愛いという評価を受けました。

しかし、あまりにも活動期間が長かったせいで、サンタの服装にツリーの扮装までする必要がありましたし10代の若者が見るような音楽テレビ番組の舞台に韓服を着て登場するようなことまでしました。

 

 

以来、T-araの無理なコンセプトは、『なんでこんなことをするの』などのような歌ではしばらくなりを潜めていたものの『YaYaYa』でのインディアン少女コンセプトで派手に復活してその独特な歌詞と振り付けは、多くのガールズグループの中においてティアラの位置をしっかりと固めるという妙な結果を生みだしました。

 

そしてこのような成功にティアラはレトロという概念を適用した『ロリーポリー』で、80年代を思い出す私服と体操服などのアイテムによって『ティアラの無理なコンセプト』の頂点につけました。

 

 

一方、このような『ティアラの無理なコンセプト』は、いつも序盤には大衆に嘲笑あるいは拒否の対象となりますが結局は、そのアルバムの成功を後押しする純粋な機能として作用してきました。

結局のところ『ティアラの無理なコンセプト』の本当の目的は何なのでしょうか?

そしてもしあなたが『ティアラの無理なコンセプト』を批判して嘲笑しながらも次のアルバムのコンセプトが気になるのなら、すでにあなたはキム·グァンス代表の罠にかかっているのです。

 

[写真=放送画面キャプチャとオンラインコミュニティ]



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

T-ARAペン交流

交流や質問はコチラに
t-ara掲示板トップ

このページの先頭へ