T-ARAのヒョミンが日本で公開予定の邦画『ジンクス!!!』に出演します。


jinx-0207

女性7人組K―POPグループ「T―ARA(ティアラ)」のヒョミン(23)が、今秋公開予定の映画「ジンクス!!!」に主演することが6日、分かった。韓国の女性歌手が邦画で主演を務めるのは、史上初となる。

同作は「君に届け」などで知られる熊澤尚人監督(45)によるオリジナル。ヒョミン演じる韓国からの留学生・ジホが、互いに恋心を伝えられない幼なじみの大学生の男女に韓国式の“恋愛指南”をし、キューピッドになるという物語。

ユニットでの活動と並行してソロでの各分野で活躍を見せているT―ARA。中でも、ヒョミンは女優としての評価が韓国内でも高く、2011年公開のホラー映画「寄生霊」では主演を務めている。「同世代の皆さんに共感していただけるところがたくさんあると思いますので、映画を見てキュンキュンしてください」と意気込みを見せた。

大学生を演じる清水くるみ(18)と山崎賢人(18)も、間もなく始まる撮影を心待ちにしている。清水は「恋する切なさを共感してもらえるように演じたい」。一方、山崎は「熊澤監督の作品に参加できて、とてもうれしい。好きな人のために一生懸命になる、恋をするってステキだなと思える作品にしたい」とコメントしている。

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130206-00000255-sph-ent

 

少し検索してみましたが映画の公式サイトなどや情報は見つかりませんでした。

(公式サイトにて発表されました)

K-POPアイドルとしては初となる邦画主演ということでとても楽しみですね。

ヒョミンの安定した演技力を多くの人が見てくれることを願っています。

『ジンクス!!!』関連サイトリンク

ティアラのヒョミン、韓国のガールズグループで初-日本の映画に主演デビュー

 

hyomin-0207

 

ガールズグループティアラのメンバー、ヒョミンが国内(韓国)のガールズグループと女性歌手の中では初めて日本の映画で主演を務めます。

ヒョミンが主演を引き受けた映画は『ジンクス』や『君に届け』で有名な熊澤尚人監督のラブストーリー物。

ヒョミンはドラマの中で韓国人留学生であるジホ役を演じ、日本で注目されている俳優の清水くるみ、山崎健人と一緒に演技で呼吸を合わせます。

ヒョミンは「韓国の女性歌手で初めて主演を務めるので緊張しますが演技では良い評価を受けたいです」とし、「また好きな日本映画『君に届け』の熊澤監督と一緒に仕事が出来て嬉しいです」と所感を伝えました。

映画『ジンクス』は今年の秋、国内(韓国)および日本、シンガポール、台湾、香港などアジアで同時公開されます。

今月中旬から韓国と日本を行き来しながら撮影を開始する予定です。

 

ソース:http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=117&aid=0002305875


関連コンテンツ