ソヨン、T-ARA(ティアラ)事態の中、 『海雲台の恋人たち』で初めて個々の活動を開始

T-ARAソヨンの出演ドラマ『海雲台の恋人たち』が今日から放映されます。

 

ソース

http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=201208061018221115&ext=da

 


 

ガールズグループティアラのソヨンがいじめ論議暴風の中、メンバーの中で一番最初に個々の活動に入ります。

ソヨンは6日最初に放送されるKBS 2TV 『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』でティアラメンバーの中でウンジョン、ジヨン、ヒョミンなど続いて本格的な演技者として第一歩を踏み出します。

ソヨンの演技申告式は骨の折れる見通し。

 

ソヨンは、先月末のメンバーファヨンをめぐる不和説、いじめ説が浮上した後30日、所属事務所の代表のファヨンと専属契約解約などの過程を経て、論議と非難に直面しました。

これはただのアイドルグループメンバー間の問題を超えて、いじめという社会的問題まで台頭、非難の直撃弾を受けました。

特にドラマを控えているウンジョン、ヒョミンと一緒に、現在もドラマ降板要求にボイコットの圧力まで受けています。

しかし、多くのファンとネットユーザーたちの強い反発にもかかわらず、ソヨンはティアラメンバーの中で一番最初に、個々の活動に入ります

 

以前に『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』のソンヒョンウクPDは去る1日、 「ソヨンは、現場では面白いし礼儀正しい。現場では末っ子なので先輩たちによくしてもらいたくさん学びながら、撮影している」と賞賛し、ティアラ事態にもソヨンの下車がないことを示しました。

ソヨンは劇中チョ・ヨンジョンの妹のイグァンスン役を演じます。

肯定的で前向きな性格の持ち主で、マートの試飲のバイト、花嫁衣装を聞いたり、ホテル会場の給仕や踊る人形の前でビキニを着て踊るなど、アルバイトの達人です。

2ヶ月だけ無心で働けばワニのバックを買うことができるという考えで何でも熱心にこなしますがお姉さんに捕まって半ば強引に釜山(プサン)海雲台(ヘウンデ)に降りたちます。

劇中のキャラクターは、ソヨンの明るく陽気な雰囲気をよく取り入れることができるほど魅力的な要素が多いです。

 

ただしアイドル出身が避けられないのは演技力の論議

多くのアイドルが演技に挑戦して人気に偏向した準備不足で大根演技だという批判に直面してきました。

本格的な演技挑戦とティアラ事態という負担を抱いてメンバーの中で一番最初に個々の活動を成功させて継続することができるか注目されています。

 

一方、 『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』は、父が失ったホテルを探すのに奮闘する女性主人公と記憶を失って、新しい人生を生きる男性主人公の話で釜山(プサン)海雲台(ヘウンデ)でオールロケで撮影されました。

ソヨンと一緒にチョ·ヨジョン、キム·ガンウ、チョン·ソクウォン、ナムギュリ、カン·ミンギョン、イム·ハリョンなどが出演します。

『ビッグ』の後続で6日に初放送。



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

T-ARAペン交流

交流や質問はコチラに
t-ara掲示板トップ

このページの先頭へ