ソウルの核安全保障サミットの開催成功のための交通キャンペーンに関する記事です。

 

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201203201042231002

 


 

[ニュース·スビン記者]

チョ·ヒョノ警察庁長官、ティアラなどがソウルの核安全保障サミットの開催成功のための交通キャンペーンの先頭に立ちました。

3月26〜27日ソウルCOEXで開催される2012ソウル核安全保障サミットの開催成功のための交通キャンペーンでは3月20日午前8時からコエックスG20広場をはじめとするソウル三成(サムソン)近隣で開催されました。

警察庁、ソウル警察庁、ソウル市内の警察署、ソウル総合芸術学校が共同で開催した今回のイベントは、ソウルの核安全保障サミットの成功に向けた自動車の参加促進の為の交通キャンペーンで、チョ·ヒョノ警察庁長官、イガンドクソウル警察庁長、ボムソウル市副市長、シンヨンフイ江南区庁長、チュ·サンヨン道路交通公団理事長、損害保険協会ムンジェオ会長、ソウル総合芸術学校キム·ミンソン理事長とジャンヒェウォン学長などが参加しました。

加えて歌手ティアラと緑の母の会、模範運転者、安全生活実践市民連合会などの関連団体も参加しました。

 

 

イベントは、感謝状授与に続き、ソウル総合芸術学校舞踊芸術学部の学生たちの創作モダンダンス”平和の身振り”と続き、美容芸術学部の学生たちが、ファッションモデル、ファッション、演技、ミュージカル芸術学部の学生たちがモデルとして参加したソウルの核安全保障サミットの53カ国の国旗フェイスペイントマスクパレードも行われました。

チョ·ヒョノ警察庁長官とキム·ミンソン理事長、ティアラのボラム、ヒョミン、ウンジョン、キュリ、ファヨンなど出席者はコエックスG20広場から地下鉄三成駅出口と交差点でイベントのチラシやパンフレットを配り、自動車の参加の促進、交通キャンペーンを主導しました。

·スビンppbn @


関連コンテンツ