T-ARAの続く快進撃についてのニュースです。

 

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201112251321361002

 


 

[ニュースエン李在奐記者]

 ティアラ、ダビチが歌ったデュエット曲”私たち愛し合っていたのに”は、IUを押しのけ、オンライン音楽サイト1位をした。

 

ィアラ、ダビチが歌ったデュエット曲”私たち愛し合っていたのに”は12月25日午後1時現在、Mnetドットコム、オレミュージックの音の海、バックスなど主要オンライン音楽サイトでリアルタイムで1位を占めている

 

また、24日、一日の音源チャート1位を記録し大ヒットした。

加えてティアラは11月に発表したシングルアルバム”Cry Cry”(クライクライ)は5位圏内にランクインして、同時に人気を得ている。

 

“私たち愛し合っていたのに”はチャスンウォンとティアラのジヨン、キュリ、ウンジョン、ヒョミン、俳優チ・チャンウクが熱演した”Lovey – Dovey(ロビダービー)”のミュージックビデオに一緒に挿入された。

 

一方、ティアラは1月2日”Lovey – Dovey” (ロビダービー)音源公開を控えて”Cry Cry”(クライクライ)と”私たち愛し合っていたのに”の人気ぶりに幸せな悩みに陷った。

 

“私たち愛し合っていたのに”が1位を独占した中で現在活動中の”Cry Cry(クライクライ)”も、主要な音楽サイトで上位圏にランクされて人気を呼んでいるからだ

来年1月2日に公開される新曲”Lovey – Dovey”(ロビーダービー)は、新沙洞ホレンイとチェギュソン作曲家が一緒に作業した曲。

最近、ヨーロッパやアメリカで流行しているクラブ音楽にエレクトロニクスサウンドと強力なビートが加味された音楽で、ファンキーとスモーキーなコンセプトを披露する。

李在奐記者star @

 


 


関連コンテンツ