25日にT-araが「CryCry」を披露した青龍映画祭に関する記事です。

 

画像・ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201111252237361003

 


 

青龍映画賞(青龍映画祭)でのアイドルグループによる祝賀公演で観覧していた俳優たちのほとんどが無表情のままだった

11月25日、ソウル慶煕大学平和の殿堂で開かれた32回青龍映画賞(青龍映画祭)の授賞式で、女性グループT ​​- araは、最近発表した新曲” Cry Cry”を熱唱した。

T-araは黒のシースルーのインナーにカーキ色のジャケットでシックなイメージと高級感のあるスタイルで青竜映画賞にふさわしい舞台を見せてくれた。同時に、2部の祭典の舞台は、ワンダーガールスが飾った。

ワンダーガールズは”Be My Baby”をライブで熱唱したが、俳優たちの反応は薄い。

場面によっては何人かの俳優たちは、拍手をしながら楽しみ溢れるリズムに身を任せていたものの、ほとんどの俳優たちは静かに座って座って舞台だけを眺めていた。

あまりにも反応がなかったからから、ワンダーガールズを見守っていたリョウォン、ハン・チェヨンの遠い位置にあるはずの席からの拍手でさえ、引き立って見えるほどだった。

祝賀公演に招待されて舞台で最善を尽くした歌手たちとは違い、観客席に座っている俳優たちは祭典の舞台を楽しむことが出来ていないようだった

 

 

別記事で紹介しているライブ動画を見てもらえればわかりますが、本当に少し冷たい空気です。

なんかわざとああいう空気を作っているのかと思ってしまうほどですw

ワンダーガールズとT-araが目の前で踊ってるのにー  コ・ス→( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ ) なんでやねん!

 

俳優さん達もプロですから彼女達の頑張りはきっと分かっていると思います。

それならば、目の前で一生懸命踊り・歌っている彼女達に対してもう少し態度で示して欲しいなと感じました

 

 

関係ないですが、ポテチ食べながら更新してたらなんか右奥歯が痛い・・・

何年ぶりかの歯医者・・・・絶対(´・д・`)ヤダ

 

 


関連コンテンツ