T-ARAの過密スケジュールに関するニュースです。

 

ソース

http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201201270100159850014108&servicedate=20120126


 

 

ティアラが殺人的なスケジュールの中でもプロ意識を発揮している。

ティアラは最近、新曲”ロビードビー”の活動とウンジョンのMBC’私たち結婚しました”、ソヨン、ヒョミン、ジヨンなどのミュージカル”ロリーポリー”の出演など、個人のスケジュールが重なって息つまったスケジュールを消化し ​​ている。

特にミュージカルの場合は、通常、2ヶ月余りの練習期間が必要だが、ティアラには時間的余裕が十分ではなかった。

 

まず、国内の活動だけでなく日本など海外スケジュールのラブコールが殺到しており、年末授賞式の準備も並行しなければならなかった。

さらに、”ロリーポリー”から”クライクライ””ロビードビー”の活動を休むことなしに進めて見ると、月に一回の割合でカムバック準備をするようになった状況だから、目がまわるほど忙しかった。

 

また、本格的な活動を開始した後には、各種芸能番組や音楽番組出演で、一日平均4時間程度しか睡眠をとらないということも明かしていた。

 

しかし、メンバーたちは完璧な公演をプレゼントするために睡眠をあきらめた。

早い朝から夜明けまでスケジュールが続く日程だが、途中の仮眠さえも放棄し、移動時間や待機時間を利用して台本を覚えたり歌を練習している。

 

所属事務所コアコンテンツメディア関係者は”なるべく練習に参加しようとするが、正直なところスケジュールが忙しすぎて、毎回の練習を一緒にすることができなかったので、ミュージカルに出演するメンバーたちは、移動途中の車の中で台本を覚えたり移動するずっと歌の練習をしながら他の俳優たちと呼吸を合わせようとしている”と説明した。

 

続いて、”体力的に疲れている部分はあるだろうが、する必要のあることだから最善を尽くしている”と付け加えた。

ティアラ”ロビードビー’で各種音源チャートはもちろん、音楽番組でも1位をさらって、人気を集めている。

百至恩記者

 


 


関連コンテンツ