T-ARAが日本3rdシングル「Roly-Poly」の収益金を全額寄付することを発表しました。

ですがT-ARAによる寄付活動はこれだけではないことをご存知でしょうか?

 

ソース

http://www.nanumnews.com/sub_read.html?uid=39274

 


 

ティアラの寄付は、人知れず多いのでした。

イジョンユン記者 (分かち合いニュース)

寄付文化をリードするニュースに照明が集中しておりスターからの肝っ玉が大きい寄付(ガールズグループティアラ”T-ara) の知らせで心に花が咲いています。

アイドルは生計型です?

アイドルは寄付ができない?ではありません!

最近オンラインで論議になったタイのインタビュー発言での某グループ、アイドル歌手が自分たちの収入が数千ウォンしかないと発言して問題になったことがありましたがアイドルの世界では現実的に見ると正しいです。

しかし、一方で自分たちの音源と活動収益金を寄付するアイドル歌手らの善行ニュースが相次いだため、関心が集中しています。

去る12日、人気歌手のガールズグループティアラ(ボラム、ジヨン、ヒョミン、ウンジョン、キュリ、ソヨン、リュ·ファヨン)が、日本福島原発事故1周年を迎え日本で活動して利益を出した”ロリーポリー”アルバムの収益金を全額寄付することを正式発表しました。

ティアラの所属事務所コアコンテンツメディアは”福島原発事故1周忌を迎え被害を受けた日本ファンたちを思いながら、日本での活動を再愛してくれたことに報いるために、日本で活動した”ロリーポリー”アルバムの印税全額を寄付することを決めた”と明らかにしました。

寄付者であるティアラメンバーたちは”我々の寄付が小さい助けになれば良いだろう“と伝えながら、これに接したインターネットユーザーらとファンは”やっぱり言葉にすると歌手ではなく、ティアラが最高”、 “アイドルだと大変なのによくそんなこと考えられますよね?”、 “大韓民国の地位を高めた”など、様々な反応や応援の声でオンラインを熱く焼きました。

 

ティアラの今回の寄付は一度や二度ではありません

昨年のティアラメンバーたちは延坪島の事件を見た後、 “防衛線である利川に寄託してほしい”と会社側に伝えて寄付の先頭に立ってきたグループです。

普段よく使う言葉”ギブ·アンド·テイク(Give-and-Take) “のようにファンの愛を受けただけ、施してくれる善行が芸能界では、人の知らないうちにたくさん行われています。

寄付の文化をリードする本紙の分かち合いニュース新聞社では、このような善行の様々な現場で取材やインタビュー要請をしており、報道機関の公平性を持って報道をしており、このような善行のニュースを探すプレスをリードしています。

 

日本の原発事故とは?

(昨年3月11日、日本東北部を襲った巨大地震と津波、かつてきれいだった村々が荒地に変わって、日本の歴史上25年ぶりとなる最悪の原発事故として残った事故であり、過去12ヶ月の間生計を立てていくことができるよう少数の再建が行われたが、いまだに未解決のまま1周忌となりました。)

 

女性グループT-araは、昨年9月の”BoPeepBoPeep”で、国内でヒットを飛ばすと共にトップクラスの歌手に成長し、その人気を集め、日本でデビューし、韓国ガールグループ史上初のオリコンデイリーチャートとウィークリーチャートで1位を占めて最高の人気を享受しました。

その後ティアラは”ロリーポリー”のアルバムを発売し、日本のファンに多くの愛を受けてきたためこれに報いようと、日本の原発事故の被害者のためにこのような自分たちの収益金を寄付する善行をしたとみられます

一方、ティアラは最近3月11日、ソウルオリンピック公園体操競技場で行われた国内の放送史上初の行われた歌手とファッションの調和である、ファッションコンサート’K-コレクション·イン·ソウル”で魅力的な舞台を見せてくれました。

(写真:共有ニュース= DB)[分かち合いニュースイジョンユン記者] Twitter @ mantis310 /記事情報提供*取材star@nanumnews.com


関連コンテンツ