8月31日放送の『千人目(初めて)の男』

 

ソース

http://reviewstar.hankooki.com/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10060496

 


写真:MBC

 

ヒョミンとチョン·ミソンがまだ九尾狐だった時代、カン·イェウォンとの意見の対立があった過去が描かれました。

31日に放送されたMBCファンタジーコメディ『千人目の男』(ガンチョル、チェファジン演出/ギムギュンテ脚本)3回では、過去の3母娘の性格を垣間見ることができる一つの事件が起きました。

今より昔、今のキム·ウンソク(イ·チョニ)と似ていたキム・ウンソク将軍と愛を交わしていた時に、その家に突然ク・ミソン(チョン·ミソン)とク・ミモ(ヒョミン)が押しかけました。

ミジン(カン·イェウォン)は、人の姿をしてキム·ウンソク将軍を看護している途中にそれらを迎えます。

ミソンとミモは典型的な九尾狐の姿である白装束に濃い化粧そして白髪の長い髪を垂らしていました。

彼らはすぐに人になるために千人目の肝を手当たり次第に探していてそれが誰のものだろうと彼女達にとっては重要ではありませんでした。

そのため、キム·ウンソク将軍の肝を食べようと潜入したのです。

ミジンはそれらを防ぐために対立しました。

爪の長い白髪の九尾狐は狼のように走って男に向かっていきました。

そんな禁断のを打って出して微塵は将軍を守った。

九尾狐の三人による戦闘が終わって母娘同士の率直な対話が行われました。

ミモは「食べないなら私に譲ってください」と言ってミソンは「あなたは人になる気がないのか。一体なぜこんなことをする」と急き立てました。

 

この時、ミモとミソンは各自それなりに人間になりたい理由を公開しました。

ミモは「人は発情期がないでしょ。いつでも愛して愛されて。私は孤独なのが大嫌い」と言いながら本当の愛を追求するために人になりたい心情を表わしました。

ミソンは違います。

彼女は「世界を誰が支配していると思う?虎も人間には全く立ち向かえない。私は逃げる者ではなく追う者として生きるわ」と抱負を表わしました。

そんな二人にミジンは「私は愛を信じているの。愛する人のために命を投げ出すことのできる人間の愛。私はその男の肝を食べるのよ」と言いながら自分だけの特別な信条を主張しました。

そのため、まだミジンは千人の肝を食べずに一人九尾狐として生きているのです。


関連コンテンツ