2月13、14日に放送されるヒョミンが出演したバラエティ「中国版:私たち結婚しました」に関するニュースです。

 

ソース

http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=201202081625401110&ext=da

 


 

 

[マイデイリー=イスンロク記者]

中国版”私たち結婚しました”が13〜14日、中国SMG(Shanghai Media Group)のチャンネルで放送される。

MBCは韓中国交正常化20周年を記念して姉妹会社であるSMGと中国版”私たち結婚しました”を共同制作したと8日、発表した。

 

放送は、バレンタインデー特集で13〜14日午後8時からSMGシンオラクチェノル(Entertainment Channel)を使用していく予定である。

SMGシンオラクチェノルは上海全域と周辺の浙江省、福建省、江蘇省の1億8000万を可視聴圏に持っているチャンネルである。

中国版”私たち結婚しました”には、韓国と中国のスターが組んだ二組のカップルと中国のスターたちで成り立ったカップルなど、計三組のカップルが登場する。

ガールズグループティアラメンバーのヒョミンと中国のアイドルグループBOBO出身のブ・シンボ(付辛博)は、昨年12月に韓国で撮影を終えたし、アイドルグループスーパージュニアのメンバーギュヒョンと中国の女優ルイ・シャオ、中国の人気MCジンウェイ(金伪、男)とジュチュダン(朱赤丹、女)の仮想新婚生活は上海で撮影された。

共同制作の方法は、MBCが企画や演出、編集を進めて、中国出演交渉や中国撮影のサポートは、SMGが引き受ける形で行われた。

上海現地撮影を担当したSMG関係者たちはリアルさを重視して屋外での撮影や夜を明かして撮影し韓国演出陣の情熱に驚きと好奇心を示したそうだ。

 

MBC芸能局の韓流コンテンツTFチームは、 “単純なプログラムの流れの次元を離れて、両国の若者たちの恋愛と結婚の文化を”私たち結婚しました”という実績のあるフォーマットを使用し韓流の中心となっている韓国のアイドルと中国のスターたちを組ませて楽しみながら描き出すことで、お互い自然に理解できる機会を用意しようとした“とし、” K-POPブームに続き、MBCの芸能番組を通じて韓流を一層アップグレードさせたもの”と話した。

中国版”私たち結婚しました”は、動画共有サイトYouTubeのMBCチャンネルで放送が可能になるように協議中だ。

[写真= MBC提供] イスンロク記者roku @ mydaily.co.kr

 


 

 


関連コンテンツ