T-ARAの「RolyPoly」が2011年の音源チャートで3位にランクインしました。

 

ソース・画像

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2011120810504451313&outlink=2&SVEC

 


 

 

いつのまにかアルバムを以上の価値を持つデジタル音源市場。そのため、音源成績は、歌謡関係者たちと歌手たちの関心事となっている。

では、2011年の音楽市場を掌握した歌手はだれであり、歌はどんな曲であろうか。

 

スターニュースが8日午前、国内最大の音楽サービス企業の一つであるKTミュージックから単独で入手した今年一年の音源の販売50位(ダウンロード+ストリーミング合算、2011年1月1日〜12月7日)によれば、”ブラック&ホワイト”の(G. NA)が堂々の1位を占めたが他でも、ガールズグループを含む女性歌手たちが超攻勢を示していたことが明らかになった。

 

G.NAが今年1月に発表した初めての正規アルバムタイトル曲”ブラック&ホワイト”でオンラインミュージック、2011年上半期決算で1位に上がったのに相次ぎ、今年一年の総合順位でもトップに立った。

“ブラック&ホワイト”は、30代以上の歌謡ファンたちも聞きやすいメロディーの歌なのに加え、1月に発表されたという時期的な利点も加わる。

ここ2011年の音源部門で最高の愛を受けた曲になった。2位は”良い日”のIUが価値を示した。特にIUの曲は、”サムデイ”と”私だけ知らなかった話”まで、それぞれ7位と9位にのせるなど、トップ10の中になんと3曲もチャートインさせ、人気の高さを確認させた。

 

3位は今年の夏、復古熱風を起こしたティアラの”ロリーポリ”が手にした

70年代に大流行したディスコを現代的に再解釈した”ロリーポリー”は、大人世代からも人気を得て、ティアラに3位の光栄を抱かせた

このほか、ビッグバンの”TONIGHT”は4位、シークレットの”シャイボーイ”は5位、f(x)の”ピノキオ”は6位、シエンブルーの直感は8位、ビーストの”フィクション”は10位を占めてオンライン音楽2011年の音楽チャートでトップ10に名を連ねた。

 


関連コンテンツ