ファヨン脱退とその後起こった騒動に関する記事

 

 


ティアラの所属事務所が7つの媒体を刑事告発 「未確認の記事でいじめ説をあおった」

 

ソース

http://m.media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20120803121909895

 

ティアラの所属事務所がメディアを相手に刑事告発します。

コアコンテンツメディアは8月3日、確認されていないインターネットの記事を濾過なしに記事にした7つの媒体に対して刑事告発をしました。

所属事務所側は「今回のティアラ仕事に関連して2年目の練習生の証言、ティアラのバックダンサーの証言、キム·グァンス代表のTwitter、ファヨンのTwitterの操作、編集など詐称者たちの無分別なインターネットの投稿により、多くの人々が大変な苦労をした」と明らかにしました。

2年目の練習生、ティアラのバックダンサー、キム·グァンス代表のツイッター、ファヨンのTwitterの中の秘密などの投稿はすべて偽りだと明かされた状況です。

所属事務所側はインターネット上で無差別に投稿された文と映像が濾過なしに記事化されてティアラのいじめ説をさらに煽る事態が発生したと判断し、7つのメディアの告発措置を決定しました。

コアコンテンツメディアは「事実ではなく、単純なインターネットの投稿を所属事務所などへの確認の手続きも経ずに既成事実化した。そのまま記事化して社会的に大きな波紋を作成したメディアについては、2人の弁護士を選任し、6日に刑事告発に入る」と明らかにしました。

続いて「今回のことだけでなく、すべてのことは必ず確認をして事実だけを記事にしてくれ」と要請しました。

 


 

キム·グァンス代表、ティジンヨの代表3人との会合を提案 「気になっていることをすべて解決する」

 

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201208031251182510

 

キム·グァンス代表はティジンヨ会員の代表者3人との出会いを提案しました。

ティアラの所属事務所コアコンテンツメディア側は8月3日「キム·グァンス代表はティジンヨ会員を代表する3人と会うことを提案した」と明らかにしました。

キム·グァンス代表が提案した出会いの場ではすべてのメディアは除外され、認可された大衆文化評論家2人とティジンヨの代表者3人そしてキム·グァンス代表が一堂に集まります。

キム代表は「今回のティアラの事態と関連した疑問を可能な限りすべて聞いてすっきりと疑問を解決する」と伝えました。

引き続きキム代表は「誰でもいいのでティジンヨを代表できる三人を選定し、今日(3日)午後5時までにティジンヨカフェの情報欄を介して配信を望む。重ねて言うが、いじめ説は絶対にない」という立場を強調しました。


関連コンテンツ