T-ARAのウンジョンに関するニュースです。

 

ソース

http://www.changuptoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=2137

 


 

 

 ガールズグループティアラ のメンバーで、ブラウン管とスクリーン で安定した演技 を広げている女優ハムウンジョン。

 

二兎攻略も足りない彼女はMBC’私たち結婚しました’でイジャンウと一緒に仮想夫婦で呼吸 を合わせて特有の率直さとクールさを前面に出して、大衆の愛を受けている。

 

難しいと言われているその芸能番組 で”モルカンモルカン”というかわいい流行語を作ったウンジョンが2012年、60年ぶりに帰ってきた黒龍の年をぱっと開いている。

 

歌謡界、ティアラのウンジョンが愛を受けている!

 

新曲”ラビーダビー(lovey – dovey)”と一緒にポイントである ダンス、シャッフルダンスで新年の歌謡界を虜にしたティアラ。

 

特にティアラとダビチが一緒に歌ったデュエット曲”私たち愛しあっていたのに’は、ある音楽番組で1位候補になった上に、”ラビーダビー’カムバック舞台も控えている皮肉な状況が発生してファンたちの見る楽しさが増した。 

 

 ウンジョンは”ティアラは舞台の上で演じられるのが最大の利点であり長所“と言うほどに多くの”反転の魅力”を見せることができるというティアラだけの底力を誇示している。

 

“ラビーダビー”にシャッフルダンスの幻想の配置は、レトロに続きシャッフル熱風がしばらく歌謡界を熱くする見込みだ。  そして演技は私、ハム・ウンジョンが受け付ける!

 

▲ウンジョン[写真=コアコンテンツメディア】

昨年の夏、”ロリーポリー(Roly – Poly)”でレトロ熱風を一度呼びおこしてきたティアラは去る1月5日、派手なスタイルが魅力的なビジュアルで、クラブの雰囲気を連想させるダンスそして”ちゃんと遊ぶことを知っているお姉さん”コンセプトの”ラビーダビー”で熱いカムバック申告式をした。

 

“ラビーダビー”に先立ち、去る11月に情熱のスパニッシュ曲”クライクライ(Cry Cry)”で音源チャートを制した前歴があるティアラは同じ曲をダンスバージョンとバラードバージョンで歌って大人気を享受したりした。

ティアラの人気の原動力は、このようにすぐに様々な変身をすることができる点だ

 

時には落ち着いて、時にはセクシーに、時には可愛くてませているなど歌に応じて、舞台の上その魅力を漂わせることのできるエネルギーがある。 

 

 歌に演技を込めて表情の演技を入れて、”K – POP”の中心にそびえ立ったティアラの”ラビーダビー”は公開されるやいなやレコードチャート1位はもちろん正式なカムバック舞台を開始してから1週間しか経っていないにもかかわらず、連日話題になっており、歌謡界の突風を予告している。

 

  去る12月3日から放映されている総合編成チャンネルJTBC” 仁粹大妃 “で、 仁粹の子供時代役で熱演中のウンジョンは当時、記者と会った席で、”あまりにも大きな作品、大きな役割を引き受けて緊張しているが引き受けたからにはしっかりとこなす”とドラマに臨む抱負を明らかにし、大人の仁粹役のチェシラ先輩に演技のノウハウを伝授されることに対して、喜びの心を表わすこともした。

 

仁粹の子供時代の20回分を引き受けたウンジョンは幼い”仁粹”をもう少し明るくふっくらと飛ぶように演技してトレンディな時代劇で視聴率牽引車の役割を果たしている

 

“仁粹大妃”は1%を超え、2%を突破したりもするなど、同時間帯に総合編成チャンネルの1位を獲得し”終焉の中の救世主”という声を聞いたりもした。

 

ハムウンジョンは”クライクライ”で歌手活動とドラマ’仁粹大妃”の撮影を並行しなければならない状況でも”演技は負担になるが、別の方向で考えると、”今度はいつこのように大先輩様たちと演技することができるか…また、このような大きな役割を果たす機会が来るのだろうか”と考えるようになった”とドラマに対する強い愛情を表わした。 

 

▲ウンジョン[写真= JTBC]

 

▲ウンジョン[写真= JTBC]

 

演技に対する欲と愛情さらに、”子役俳優出身”なので、安定した演技と確かな実力を備えているウンジョンは、これまで、”ドリームハイシーズン1″、”近肖古王””コーヒーハウス“などに出演して演技の実力を証明したし映画”ギセンリョン””ホワイト:呪いのメロディ””考査:血の中間考査“でスクリーンにも進出した。

 

現代的な魅力と東洋的な魅力で現代物だけでなく、時代劇で東奔西走しているウンジョンは舞台、ブラウン管、スクリーンで縦横無尽に活動し、誰よりも辰年にして力強い一歩を踏み出している

 

  2011年MBC芸能大賞にて”私たち結婚しました”で新人賞を受賞した彼女は、”ウンジョンも、ティアラも愛してください。モルカンカンモルカン”と述べたように、2012年にティアラのハムウンジョンも演技者 ハムウンジョンも多くの人に愛される年が今始まった。

(ニューストゥデイ=ベクスウォン記者)

 


 


関連コンテンツ