1月30日放送のドリームハイ2初回放送に関するニュースです。

ドラマの大体のあらすじが分かります。

 

ソース

http://m.media.daum.net/media/entertain/newsview/20120130231404475

 


 

 

[OSEN =ファンミヒョン記者]

“ドリームハイ2″が現歌謡界とも相当する”未成年保護法”を題材にして異色のストーリーを飾った。

30日午後10時初放送されたKBS 2TV”ドリームハイ2″では、ガンソラ、チョンジヌン、ジヨン、JB、ヒョリン、バクソジュン、ユソヨン、キムジス、パクチニョン、キムジョンテ、クォンヘヒョ、カヒ、チェヨジン、Jr。などが出演して、キャラクターごとに多彩な色を披露して、今後の”ドリームハイ2″の展開に関して面白いエピソードを予告した。

 

“ドリームハイ2″には”未成年保護法”という設定が登場した。

青少年のアイドルは、午後10時以降の活動を禁止する未成年者の特別保護法がそれである。

このため、クールな10代のアイドルグループは、10時以降に活動できないという不運(?)を経験するようになった。

これに演技者たちは、個々の個性を見てみると”未成年保護法”において姿勢がそれぞれ違って見どころを提供した。

 

“ドリームハイ2″は、リアン(ジヨン)の大根演技で始まった。

アイドル出身の演技者として登場したリアンは、スヒョンとのラブシーンで涙が出ない大根演技を披露してユニークなキャラクターを印象づけた。

リアンは、”未成年保護法”の登場に関して学校生活が満喫できるようになると、むしろ喜び、風変わりな姿を見せた。

加え、リアンが所属するガールズグループハーシーは、音楽の舞台に上がって派手でセクシーな姿を披露した。

ハーシーには、ナナ(ヒョリン)とエアリー(エアリー)が所属して、実際の女性グループに劣らない完璧な呼吸を見せて人目を引いた。

 

続いてEdenというグループに属しているJB(JB)とシウ(バクソジュンの方)が、未成年保護法を破って10時以降に舞台に上がる場面も放送された。

JBは、プロフェッショナルなローリングとパワフルな群舞で視聴者の視線を捕らえた。

JBは歌手に対する情熱がいっぱいのアイドル歌手で”未成年保護法”に対する不満も大きかった。

ジンユジン(チョンジヌン)は、ロッカーを夢見る学生として、未成年者であるにもかかわらず、弘大の街で公演をする。

自由な魂を夢見るチョンジヌンは、集まった観客を導いて楽しい公演を作った。しかし、ジンユジンも未成年者であることが明らかになり、弘大でこれ以上の公演を行うことができなくなる。

 

彼らは、”未成年保護法”に違反して違法行為としてすべての芸能界活動を中断させられる。

アイドルのハーシーのメンバーたちは練習をしながら週20時間の学習に臨むことができるキリン予告に転校することになる。

こうしてキリン予告に通っていたチョンジヌンと歌手になりたいシンヘソン(ガンソラ)、キムジス、ユソヨンなどは、ハーシーと出会うことになる。

JBはキリン予告でジンユジンから”JBの歌はすべて盗作だった。基本的なこともできない子供だ”という話を聞いて驚き、これによりお互いに妙なライバル意識を感じながら、これからの厳しい学校生活を予告することとなった。

goodhmh@osen.co 。kr <写真>”ドリームハイ2″スクリーンショットの画像で見るニュース、スマートフォンで楽しむ’OSENフォトニュース]

 


 


関連コンテンツ