“Hello to myself”イェウンvsカンソラvsジヨン “誰が一番いい?”

ドリームハイ2のOST「Hello to Myself」に関するニュース。

 

第7回でのジヨンの歌唱シーン

http://youtu.be/J6w0-55CfEg

ソース

http://reviewstar.hankooki.com/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10026134

 


 

 

ドリームハイ2のOST “Hello to myself”が多くの愛を受けている。

“Hello to myself”は、ワンダーガールスイェウンが作詞、作曲、歌唱まで全面的な支援をして深い感動と情熱を感じることができる最高のトラックリストに挙げられている。

“Hello to myself”は、クラシック·ロックのスタイルの曲で、チッカー音とともに始まる美しいギターの旋律が、イェウンの節制されたボーカルと一緒になって時間の境界線を崩す幻想的な曲となっている。

また、 “Hello to myself”は、将来の夢をかなえた自分との対話を通じ、広く果てしない現実を期待して克服するという新しい内容で構成されている。

これらの歌詞は、悲しみと挫折を克服し、目標に向かって走って行く人々の心を捕らえるに十分だ。

この歌は、カン・ソラとティアラのジヨンが歌いうことでますます話題になっている。

二人は劇中の役割のためにそれぞれ別の状況の中で熱唱した

それぞれのキャラクターの中ににじみ出る歌詞と感情が溢れた三曲を聴いたようだという評価が高まっている。

“イェウンの自作曲もいい”、 “昨日カン・ソラとジヨンも歌っていて良かった”、 “三人とも魅力が違って歌も異なって聞こえる”、”それでも原曲が一番優れている”、”これからも歌を歌うシーンが多くなればさらに良くなるね”などの反応を見せた。

一方、KBS2TV “ドリームハイ2” 7回は21日、視聴率調査機関AGBニールセンによると、全国基準で8.1%の視聴率を記録した。

 


 



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

T-ARAペン交流

交流や質問はコチラに
t-ara掲示板トップ

このページの先頭へ