2月22日放送のドリームハイ2」弟8回の関連ニュースはこちらに。

 


“ドリームハイ2″カヒ、ジヨンに「大根演技でわがままな美貌担当」だと毒舌

ソース

http://m.media.daum.net/media/entertain/newsview/20120221225606369

 

 

[TVリポートイヘミ記者]

 ‘ドリームハイ2 “カヒがジヨンに毒舌を浴びせた。

21日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ”ドリームハイ2″(ホソンヒェ脚本、イウンボクモワンイル演出)8回でリアン(ジヨン)は、ユジン(チョン·ジヌン)がスーパーアイドルに選ばれたのに憤慨した。

かつてユジンが主軸となったラジオ公開放送がスーパーアイドル選抜のためのオーディションの一環であることを知っているリアンはヘソン(ガンソラ)の自作曲を横取りしてまで自身の存在感を見せ付けた。

しかし、理事長イ・ガンチョル(キム·ジョンテ)とプロデューサー才人(ユン·ヒソク)をひきつけたのはリアンではなく、ユジンに最初のスーパーアイドルのメンバーを抜擢し、デビューのチャンスをつかんだ。

これにシス(カヒ)を訪ねて行ったリアンは”なぜユジンなんですか?公演で輝いた人は私です”と主張した。

現役アイドルとして活動している自分が学生たちと同じスタートラインからはじめなければいけないのか理解できないとし”私は前にデビューするやいなや成功しました。ハーシーファンは私のファンですよ”と強く語った。

しかし、反応は冷淡だった。

才能的な面で自分を証明したことが一度もないとし”リアンといわれ人々が思い浮かべるのが何か。大根役者。ガールズグループで美貌を担当。わがまま”と毒舌を浴びせた。

“変わろうと努力しました”という叫びにも”もしかしたらお金が必要なのか?どうしてこんなに焦っている?”と問い返した。

優しいアドバイスも付け加えた。

プロというプライドを捨てなければならならないという焦りを捨てて長い目でみろとアドバイスした。

劇中盤には、練習にまい進するリアンとJB(JB)の告白に復帰を図るヘソンの姿がスーパーアイドルになるための第2ラウンドを予告した。

 

写真= KBS 2TV ‘ドリームハイ2 “のスクリーンショットイヘミ記者gpai@tvreport.co.kr

 


 

“ドリームハイ2”トップスタージヨンが、地方の安モノ行事で‘BoPeepBoPeep’の大屈辱

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202212309441001

 

 

[ニュース電源記者]

 ジヨンがイベントで屈辱を受けた。

リアン(ジヨン)は2月21日放送されたKBS 2TV月火ドラマ”ドリームハイ2″(脚本ホソンヒェ/演出イウンボク、モワンイル)8回でティアラのヒット曲の’ボビープボビープ’(bo peep bo peep)を熱唱した。

リアンとリアンの両親は、所属会社の方針に不満を抱いて”すぐに個人的な活動を回復してほしい”と強く要請した。

これにオズエンターテイメントのイガンチョル(キム·ジョンテ)は、1千万ウォンを与えリアンを地方のりんご娘選抜大会に送ってしまった。

リアンは冷遇に怒ったが社長が1千万ウォンを入金したという事実を知ってしまい舞台に上がるしかなかった。

しかも示し合わせたかのようにその場所には、リアンの過去のボーイフレンドJB(ジェイビー)とシンヘソン(カンソラ)、ジンユジン(チョン·ジヌン)も到着した。

幸いにもリアンは猫の仮面をかぶっていたが、ジェイビーとヘソンは気づいていた。

さらに、リアンはサッカーボールがぶつかってしまい、覆っていた猫の仮面が剥がれてしまった。

恥ずかしさに頭を下げたリアンは、途方に暮れ、ジェイビーも慌てた。

この時ジンユジンはリアンのために舞台に飛び上がってリアンを抱いたまま舞台下に下がった。

危機でリアンを救ってくれたジンユジンのおかげで、これらの恋愛模様がどのように展開されるか期待が集められている。

電源wonwon @

 


 

‘ドリームハイ2’ジヨン、カン・ソラを好きだと話すJBの姿に’茫然自失’

ソース

http://reviewstar.hankooki.com/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10026231

 

 

リアンの顔に陰が生まれた。

21日放送されたKBS2月火ドラマ”ドリームハイ2″(脚本ホソンヒェ、演出イウンボクモワンイル)では、JB(イム·ジェボム)と昔の思い出を記憶の中から洗い流そうと努力するリアン(ジヨン)の姿が描かれた。

この日JBはユジン(チョン·ジヌン)の胸ぐらをつかんで、 “どのようにすればヘソン(ガンソラ分)の曲を横取りして歌うことができるんだ”と怒った。

これにユジンは”リアンのせいで台無しになっただけで、本来はヘソンのための舞台を演出することにしていた”と釈明したが、JBの怒りはおさまっていない。

そして二人のこのようなもめごとを遠くから眺めていたリアン。

ヘソンの歌を横取りした当事者であるリアンはすぐJBに近付いて、 “シンヘソンの歌をちょっと歌ったのが何なの。あんたは犬が好きなの? “とふざけたように尋ねた。

ところがリアンの考えとは違ってヘソンが好きだと答えるJB。

これにリアンは戸惑いを隠せないまま”あんたは何か勘違いしているようだけど、私は嫉妬したりなんかしないよ。”と懸命に言ったが、JBは”勝手に考えてろ”という冷ややかな言葉を残したまま足を向けてしまった。

このため、最終的にリアンはJBとの思い出が盛られたものをすべて破棄したが、悲しい目つきを隠すことができなくて切なさを催した。

一方この日放送の最後では、お金のために町の小さな祭り行事へ参加して笑われてしまった悲惨な瞬間、偶然にも親しくなったヘソンとJBにバレるリアンの姿が描かれて切なさを加えた。

 


 

“ドリームハイ2″悪女のジヨンは “生計型アイドル”だった

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202220602371001

 

 

“ドリームハイ2″の悪女リアン(ジヨン)は分かってみると生計型アイドルであった。

2月21日放送されたKBS 2TV月火ドラマ”ドリームハイ2″(脚本ホソンヒェ/演出イウンボク、モワンイル)8回ではリアンの母親が学校を訪ねてきて理事長イガンチョル(キム·ジョンテ)に指を差していた。

母親は、リアンが突然活動を休むことになれば、すぐに他の事務所と契約することを考えた。

これにリアンは、 “二重契約してしまったら終わりだよ。この学校では、スーパーアイドルを選んでるからそこに選ばれれば、すべてうまくいくから”とやっと母親を説得した。

母親は学校を訪ねてきてガンチョルに”デビューしたのに一体何のオーディションをまたするの。活動停止で学校に押し込めておいて、何がオーディションよ”とし、”リアンが活動できなかったら私たちの家族も飢えて死ぬ。家の中でお金を稼げる人はリアン一人なのよ”と怒鳴りちらした。

アイドルのリアンが事実上、家族の生計の責任を負う少女職人だったわけだ。

続いて母親は”私たちのリアンに責任を持ってスケジュールを与えて。この年齢一日は一ヶ月と同じくらい違うのよ”と述べ、”これからはこんな形で話したりはしないわ。ただ所属事務所を変えたらいいだけなんだから”と大口をたたいた。

ガンチョルはしぶしぶリアンに清州(チョンジュ)リトルアップル娘選抜大会行事へ参加させた。

リアンは、屈辱的な行事に”できない”としながらも、母親がお金を受け取ったため、しぶしぶ行事に出た。

[ニュースユギョンサン記者] ユギョンサンyooks @ 情報提供および報道資料newsen@newsen.com

 


 

“ドリームハイ2″のジヨン、実力で生き残るために練習次ぐ練習 “孤軍奮闘”

ソース

http://reviewstar.hankooki.com/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10026242

 

写真: “ドリームハイ2″のスクリーンショット

 

21日に放送されたKBS2月火ドラマ”ドリームハイ2″(脚本ホソンヒェ、演出イウンボクモワンイル)では、美貌ではなく、実力のあるアイドルとして生まれ変わるために孤軍奮闘するリアン(ジヨン)の姿が描かれた。

有名作曲家ジェーンの目に入るため、公開ラジオの舞台でヘソン(ガンソラ)の曲を横取りまでしていたリアン。

しかし、スーパーアイドルに選ばれたのはリアンではなく、ユジン(チョン·ジヌン)であった。

これに失望感に満ちた顔でシス(カヒ)を訪ねて行ったリアンは、 “また機会を与えてくれればもっと素敵な姿を見せます”と約束したが、シスは”お前が実力的に証明されたことは一度もない”という忠告と共に他の人々と同じようにオーディションを見て選抜すると言った。

シスはまた、 “リアンと人々が聞いて何を思い浮かべると思う?大根演技アイドル、ガールズグループ内の美貌担当、わがまま。きれいな顔の寿命がどのくらい残っているのだろうか。もう3年目だ。 ” という過酷な毒舌でリアンを打ちのめした。

これにリアンはこのようなシスの言葉を思い出しながら歯を食いしばって練習に練習を重ねている姿を見せて注目を集めた。

一方この日放送の最後では、お金を稼ぐために、地方の小さな会場に行って笑い者となってしまうリアンの姿が描かれて切なさをかもし出した。

 


 


関連コンテンツ