2月14日放送、ジヨン出演のドラマ「ドリームハイ2」第6回に関するニュースはこちらにまとめます。

 

 

 


 

ソース

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=198191

 

[TVリポートイヘミ記者]

 ‘ドリームハイ2 “の主演俳優たちの関係の変化が目を引く。

14日放送されたKBS 2TV月火ドラマ”ドリームハイ2″(ホソンヒェ脚本、イウンボクモワンイル演出)で、在学生とアイドルの対立を色あせさせるようにヘソン(ガンソラ)はユジン(チョン·ジウン)とリアン(ジヨン)は、JB(JB)と争いを繰り広げた。

自信の回復と経験のために路上公演をしたヘソンだがリアンの登場にマイクを渡して寂しく退場した。

そんなヘソンは学校で、ピアノを演奏して一人だけの公演を繰り広げた。

舞台恐怖症を克服した安定的な姿はJBさえ捕らえるほどであった。

しかし、二人の親しい姿にリアンとユジンは複雑な視線を送った。

レベルを云々してヘソンを引きおろしたリアンは、 “あんたはのんきにこんなことをしている場合じゃない”と一喝した。

これにユジンもヘソンをJBのミーハー女と称して”リアンにマイクを譲り渡して自分はここでピアノなんて弾いているのか?”と批判した。

これに取りまとめるふりをするなと一蹴したヘソンは、 “私が勘違いしただけだ”と自嘲的に語った。

リアンとの路上公演に関しても、 “ほっといて。私がどこでなにをしてようと関係ない”と強く語った。

劇の最後には、学生に敬遠されて泣き叫ぶヘソンとそのヘソンを慰めるJBの姿が描かれて四角関係の本格化を知らせた。

写真= KBS 2TV ‘ドリームハイ2 “のスクリーンショットイヘミ記者gpai@tvreport.co.kr

 


 

ドリームハイ2チョン・ヨンジュ、リンゴを裂く怪力を発揮…ジヨンと “神経戦”

ソース

http://star.fnnews.com/news/index.html?no=65748

 

 

ドラマ”ドリームハイ2″でチョン・ヨンジュがカリスマある姿でジヨンと神経戦を繰り広げた。

14日午後放送されたKBS 2TV月火ドラマ”ドリームハイ2″には、理事長(キム·ジョンテ)の娘露(チョン·ヨンジュの方)がキリン予告をたずねる姿が描かれた。

この日の放送で露は、 “誰にも分からないようにするから1年間だけ持ちこたえろ”という理事長の言葉を思い出してキリン予告をたずね、シンヘソン(ガンソラ)との初めての出会いからよどみないカリスマを披露した。

その後キリン予告の寮増築関係でシンヘソン、リアン(ジヨン)、バクスンドン(ユ·ソヨンの方)が同じ部屋を使うことになった中、再び露が荒くドアを開けて入ってきてリアンとの神経戦が繰り広げられた。

部屋に入るとすぐ”私のベッドはどこ?”と堂々と力を匂わせる露の姿にリアンは、 “ここは部屋じゃなくてタクシーなの?4人も使うなんて”と不満一杯な姿を見せたが露は、リアンを無視して2つしかないベッドを共有しようと提案した。

これに怒ったリアンは、 “あんた今すぐ出て行って“と叫んだが露はこれに聞こえないふりをして部屋の中に置かれたリンゴを素手で半分に裂く怪力を披露して驚きを誘った。

わざと慌てたそぶりを見せたリアンは、もう一度”出て行けってば”と叫んだが、露はもう一度リンゴを分けてリアンに投げた後、 “ちょっと口を閉じてな。”とカリスマあふれる姿を見せ神経戦に勝利した。

一方、この日の”ドリハイ2″には、ヘソンが故意にマイクの電池を抜いた事実が明らかになり、キリン予告学生たちの間でいじめられている姿が電波に乗った。

/ファイナンシャルニューススタエン金東柱記者(syafei@starnnews.com

 


 

ジヨン、カン・ソラの頬を殴って毒舌まで‘これは大根演技なんかじゃない?’

ソース

http://sports.mk.co.kr/view.php?no=100611&year=2012

 

 

[毎日経済ドットコムMKスポーツギムジナ記者]

14日放送されたKBS2 “ドリームハイ2″でのジヨンがカンソラに毒舌を浴びせた。

ヘソンとの合同舞台に上がったが、わざわざマイクの電池を抜き濡れ衣を着せられたリアン(ジヨン)は、当時本当の犯人がヘソン(ガンソラ)であったことを知った。

リアンは`実際に舞台に上がる段でこわくなってしまった。だから電池を抜いてしまった`というヘソンの手紙を発見する。

友達の前で手紙を読んで真実を明らかにしたリアンは、自分に濡れ衣を着せたヘソンの頬を殴る。

リアンは、 “なぜ歌手になろうと思ってるの?あんたみたいな子は迷惑ばかりかけて同情もされる”とし”私からしたらまだ悪口を言われるほうがいい”と冷たい毒舌を言い放った。

“申し訳ない”と涙を流したヘソンに対して、友人の反応は冷たかった。

この事態により、学校でのいじめを受けるようになったヘソンは、学校から15日の停学命令まで受けて危機に陥った。

写真= KBS放送のキャプチャ

 


 

“ドリームハイ2″チョン·ジヌン、ジヨンをアンチペンのテロから救出 “新しいラブライン?”

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202150633531001

 

 

 “ドリームハイ2″ジンユジン(チョン·ジヌン)がリアン(ジヨン)を助けた。

2月14日放送されたKBS 2TV月火ドラマ”ドリームハイ2 “(脚本ホソンヒェ/演出イウンボク、モワンイル分)6回でリアンは誕生日を寂しく一人で過ごすになった。

ジンユジンはパクドンスン(ユ·ソヨン)、パクホンジュ(キム·ジス)、ジョンウイボン(ジュニア)と一緒に街公演を準備した。

自身の合意金のために学校をやめたジュ・ジョンワン(クォン·ヘヒョ)にお金を返済するためのもの。

カンソラ(シンヘソン)も街頭公演に参加した。

バクドンスンはルームメートリアンに公演直前”君もすることがなかったら後できて見物しなよ。誕生日祝いの歌を歌ってくれるから”と話した。

ちょうど誕生日を迎えたリアンは、同じチームのメンバーがパーティーを準備しているのも知らずに退屈な気持ちで会場を訪れた。

リアンの顔を見て人々が集まり、ついに人々の叫び声に応じて、シンヘソンではなく、リアンが歌うことになった。

リアンは、マイクを持って楽しく歌を歌った。

ヘソンよりも優れた実力にジンユジンも満足がっていた。

素晴らしい街頭公演が行われたが、歌が終わるやいなやリアンのアンチファンがリアンに誕生日ケーキをぶつけようとするテロを行った。

ジンユジンは瞬時に状況を理解し、リアンを抱いて変わりに投げられたケーキの残骸を浴びた。

リアンは、自分を救ってくれたジンユジンに”ありがとう”と言って感謝の気持ちを表した。

ジンユジンとリアンの妙な関係が形成され展開に興味を集めた。

 


 

 


関連コンテンツ