ドラマへの出演が決まったヒョミン、ウンジョン、ソヨンに関する記事です。

 

ソース

http://news.heraldm.com/view.php?ud=20120705001040&md=20120705150355_C

 


ガールズグループティアラが歌謡界へのカムバックを電撃宣言した中でヒョミン、ウンジョン、ソヨンがお茶の間に順番に復帰してファンの嬉しさを増しています。

ティアラは去る7月3日に新曲「デイ·バイ·デイ(DAY BY DAY)」を公開して音源チャート上位圏に上がってカムバック信号弾を打ち上げました。

特にヒョミン、ウンジョン、ソヨンは歌謡界カムバックと一緒に、それぞれシチュエーションコメディ、週末ドラマなど多様なジャンルの作品にキャスティングされました。

ヒョミンはベスト劇場から7年ぶりに復活した金曜シリーズ物の”初めての男”で九尾狐役を演じます。

8月10日に放送される「初めての男」は、8部作で1000人の男の肝臓を食べると人になることができる九尾狐が999人の肝臓をとった後、自分を心から愛する男1人の肝臓を得ようとする過程を描く作品。

この作品は、ヒョミンだけでなく、イ·チョニ、カン・イェウォンが出演し、今までのシチュエーションコメディとは180度異なる姿を描くということです。

 

 

ヒョミンは映画「寄生霊」とドラマ「私のボーイフレンドは九尾狐」、「ケベク」に出演して演技者として位置づけました。

彼女は「ケベク」で、2011年MBC演技大賞で新人演技者賞を受賞しており彼女のドラマ出演が期待を高めています。

 

ウンジョンは来る8月4日に放送されるSBS週末ドラマ”五本の指”にホン・ダミ役にキャスティングされてチュ·ジフンと呼吸を合わせます。

劇中のホン・ダミは一時ピアニストを夢見ていたものの、父が突然の事故で死んで暮らし向きが困難となり夢をあきらめなければならない悲運のキャラクターです。

ウンジョンは、最近本紙とのインタビューで、 「再び良いドラマにキャスティングされたことに対して嬉しい気持ちだけです。アイドルグループのメンバーである私を選んでくださって感謝します。」と感想を伝えました。

また、 「ティアラのカムバック日程とドラマ撮影が重なります。もちろん歌と演技を並行させることは難しいですが、無条件に熱心に取り組むことが正しいと思います。」と覚悟をのぞかせました。

ティアラでのデビュー前から子役として演技活動をしてきたウンジョンは、これまでドラマ「仁粹大妃」、 「ドリームハイ1」、 「近肖古王」、 「コーヒーハウス」映画「ホワイト:呪いのメロディ」、 「古事記」などに出演して演技力を認められただけに、今回のドラマでは、またどのような演技を披露するか期待が高まっている状況です。

 

最後にティアラのリーダーソヨンも、ミュージカル「ロリーポリー」やSBSドラマ「ジャイアント」の特別出演で磨き上げた演技の実力をKBS2 「海雲台の恋人たち」を通じて披露する予定です。

KBS2月火ドラマ「ビッグ」の後続で来る8月13日に初放送される「海雲台の恋人たち」は、記憶を失ったテソンと暴力団の娘が繰り広げるロマンチックコメディです。

ソヨンは「海雲台(ヘウンデ)の恋人たち」で魅力あるイ・グァンスン役を引き受けて劇中のチョ·ヨジョンのかけがえのない親しい世間知らずの妹として出演します。

ソヨンは「子役時代から着実に演技をしてきたウンジョン、ヒョミン、ジヨンから多くの助言を聞いて熱心に学んでいます。」と伝えました。

また、「先に演技を始めたティアラのメンバーウンジョン、ヒョミン、ジヨンに恥ずかしくないように一生懸命努力して撮影に臨みます」と抱負を語りました。

方、ティアラは来る7月7日にMBC 「ショー音楽中心」でカムバック舞台を持って本格的な活動に乗り出します。


関連コンテンツ