T-ARAが米ビルボードで”K – POPを代表するガールズグループ”に選定されました。

日本での活動に際してJ – Rockと専属契約を結んだのは知っていましたがまさかその契約金が50億円とは・・・。

改めてT-ARAのすごさを認識しました。

 

ソース

http://m.media.daum.net/media/entertain/newsview/20120118191512448

 


 

 

[ビルボードジャパン]

 7人組ガールグループティアラが世界的な権威の音楽チャート”ビルボード”から栄えある選択を受けた。

 

17日(現地時間)、米国の有力チャート音楽メディアの”ビルボードドットコム”は、”大韓民国の7人組ガールグループティアラがK – POPチャートトップを占めた”とし”最後の5週連続1位常勝疾走したソロ歌手アイユを上回った”と報道した。

 

引き続き”ティアラの新しいシングル曲”ラビーダビー(Lovey Dovey)”が、先週K – POPチャートの20位から一気に上昇して今週の1位になった”と付け加えた

 

ビルボードドットコムは、ティアラの新曲”ラビーダビー”を”クライクライ”と”ロリーポリー“に続くディスコ風の歌だと紹介した。

 

ミュージックビデオの中でのシャッフルダンスと繰り返し口ずさむ”ラビダビ”が絶妙の調和を成したと評価したほか、ティアラメンバーの個性豊かなストリートスタイルのファッションにも注目した。

 

併せてティアラが、日本市場でのカラと少女時代と一緒にK – POPを代表するガールグループとして活躍していると指摘した

 

日本の大型エンターテイメントJ – Rockと430万ドル(約50億円)で専属契約を締結したと説明した。

 

キムヒジョン記者hj820417@billboardk.com


関連コンテンツ