ヒョミンへの独占インタビュー「T-ARAでの歩み」

歌手ヒョミンがグループティアラの活動当時を回想しました。

ヒョミンは最近、ソウル市江南区新沙洞あるカフェで行われたインタビューでティアラの活動における点とメンバーたちがいないことなどについて打ち明けました。


2009年に結成されたティアラは、「ロリーポリー」、「君のせいで狂いそう」、「Lovey-Dovey」、「Bo Peep Bo Peep」など数多くのヒット曲を誕生させ、昨年1月にMBKエンターテイメントを去り、メンバーはそれぞれ別の新しい所属事務所に入りました。

当時、ヒット曲を連発するもグループ独自の悩みもあったヒョミンは「他のガールズグループを見ると清純、セクシーといった色が決まっているが、私たちは、なぜが特色がなかったんです。私たちは、かわいいだけでなく、セクシーなコンセプトもあり、多くの試みをしてきました。最初は否定的に思っていましたが、後になって考えると、それが私たちの色でした。それがベースになっているかは分かりませんが、ソロ活動でもいろいろなことをやってみたいです。視野を広く持ち、様々な課題の中で自分の色を見つけるという考え方ですね」と述べました。

長い期間、グループで活動していたためメンバーがいないことを感じざるを得ませんでした。

「メンバーの空席は常に感じていました。ティアラで活動していた時にソロアルバムを出したことはありますが、それは確かに帰るところがあるという前提で、安心でした。ところが、今は更に不安を感じています」と本音を表しました。

また、ヒョミンは「今年7月にティアラのデビュー10周年なのに伝えることが出来ません。どうすればいいかメンバー同士で慎重に話をしています。メンバーとの愛情は変わらず厚いです」と伝えました。

ヒョミンに続き、ジヨンもソロデビューの準備中。

ヒョミンは「ジヨンとソロ活動の話を交わしたか?」という質問に、「簡単ではないという話はたくさんしました。ティアラは各自の道を行いき、限界はないのに終わる感じがしました。それがずっと気にかかった嫌だったんです。そのためか、誰かが活動するといえば「頑張って長生きしよう」と。小さなことでも応援したいんです。」と答えました。

MBKエンターテイメント契約満了後にサーブライムアーティストエージェンシーと専属契約を締結した理由も明らかにしました。

ヒョミンは「会社の契約が終わって初めて、心理的な休息期が来ました。何も考ずに休もうと。そうして二ヶ月を過ごしてみると、遊ぼうと思っても上手く遊べないんです。できることは全てしたかったので親しいお姉さん、お兄さんがいる会社と契約することになりました。広告代理店や作曲家と関わり、衣類の広告を撮ったりもしました。たくさん応援してもらっています」と説明しました。

所属事務所移籍後のソロ活動については、「以前はアルバムのリリースが基準でした。これまでが出てくるご飯を食べて快適で安定した家だったとしたら、今は少しずつ意見を出しながら作っていくという感じです。レコードレーベルではないので、「これかな?」とチャレンジャー精神で準備してきました。直接尋ねてミーティングもして。「マンゴー(Mango)」などもSMエンターテイメントに直接訪ねて行っていただいたものです」と付け加えました。

「T-ARAは10年の幸運だった」

今年で活動10年。

グループティアラから、本格的に独り立ちするまでに10年という時間が流れました。

2009年ティアラでデビューした後、10年を迎えました。

「時間は本当に速いということを感じました。以前とは大きく変わっていないようです。アルバムを準備するときの心構えや気持ちもまだ楽しく、面白い。周りの友人よりも、社会生活を早く始めたじゃないですか。周辺の友人は仕事も家庭も今始まったんです。私はすでに10年経験しました。「今、何をしているのか」ということをよく考えるべきだと思いました。懸命に働いて、その瞬間に集中しようとしています」と述べました。

ヒョミンは過去10年を「幸運」、そして今後の10年を「幸せ」と定義しました。

ヒョミンはティアラに関して「幸運なチームだと思います。ガールズグループが脚光を浴びた時期に活動し、韓流ブームのときに日本、中国でもデビューして、チャートでも1位を獲得しました。時期が幸運だと思っていたんです。突出したものがない私ですが、私たちが持っているものに比べ、とても多くの愛を受けたと感じます。大変だった時期もありましたが、他の人より早く苦しんだだけ、「どうせ苦しむなら早く苦しむ方がいい」と合理的に考えました」と伝えました。

今後の10年を「幸せ」と定義した理由については、「会社を出て、最も大きく感じたのは私の周りが幸せになっていることです。私が幸せだとしても周りが幸せになるわけではありません。私の曲を聴くことで、多くの方が幸せになって欲しい。幸せを追いかけたいです」と述べました。

幸福の開始は、新しい音源でした。

4ヶ月ぶりのデジタルシングルを発売したヒョミンは「愛の深さから出ていく姿、心地よい状態の感じをハミングで表現した曲です。2月中旬からミニアルバムを準備中ですが曲が出てきて、振り付けもかっこよかったので、シングルで出すことになりました」と紹介しました。

新シングルはブランニューミュージックと一緒に作業した曲。

ヒョミンは「エメラルド色が似合う清涼な曲です。相手に向かう心を波にたとえて表現しました。この曲を周りに聞かせた時、「夏の内面より良さそうだ」という反応が多かったんですが、必ずしもそうする必要はないのかなと。むしろ季節感を曖昧にしたかったんです。しかし、寒い感じではありません。快適に聴ける良いメロディです」と説明しました。



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

T-ARAペン交流

交流や質問はコチラに
t-ara掲示板トップ

このページの先頭へ