T-ARAジヨンが新事務所と契約を締結【パートナーズパーク】

T-ARAジヨンがパートナーズパークと国内マネージメント専属契約を締結しました。

11月23日にパートナーズパークは、「俳優、歌手として活動してきたジヨンの国内マネジメントを担当することになった」と明らかにしました。


「パートナーズパークだけの専門的で差別化されたサポートで、様々な分野で才能を誇るパク・ジヨンの国内活動を全面的にサポートするつもりであり、ジヨンが良い作品を通じて多くの方々とコミュニケーションできるように最善を尽くして助けると伝えました。

 

パク・チヨンは、2009年にグループティアラで歌謡界にデビューした後、「嘘」、「ボピボピ」、「君のせいで狂いそう」、
「ロリーポリー」、「ラビーダビー」、「Cry Cry」など数多くのヒット曲を発表しました。

特に2014年のソロアルバム「Never Ever」で実力とカリスマを兼ね備えた歌手という評価を受けてソロ歌手としても認められました。

 

 

それだけでなく、KBS 2TV「勉強の神」、「ドリームハイ2」、MBC「ミスリプリー」、「トライアングル」と映画「考査2」、「ロミオとジュリエット」、「邂逅」などを通じて演技者の領域も広げました。

一方、パートナーズパークはハン・イェスル、ク・ヘソン、チャ・ジュヨンなど個性と実力を備えた俳優たちが属している俳優マネージメント会社です。


関連コンテンツ