元所属事務所のMBKによるT-ARA商標出願「再申請する」

MBKエンターテイメントが「ティアラ(T-ARA)」の商標出願却下に関し、データ補強後に再申請するという意向を伝えました。

ティアラの前所属事務所、MBKエンターテイメント側は8月8日「最近、「ティアラ」の商標登録が却下されたのは事実だ。合計4回の機会のうち、あと3回機会が残っている状態。多くのデータを補強して再申請する予定だ」と述べました。


先だってMBKエンターテイメントは、昨年12月28日、特許庁に「ティアラ(T-ARA)」のグループ名を商標出願していました。

 

 

これにティアラの4人(キュリ、ウンジョン、ヒョミン、ジヨン)は、1月19日に法律代理人を通じて「特許庁が、MBKエンターテイメントの商標出願を拒絶すべき事由をまとめた届出書を提出した」と述べ対抗。

 

一方ヒョミン、ウンジョン、ジヨン、キュリは昨年12月31日付でMBKエンターテインメントと契約を終了しています。


関連コンテンツ