MBKの商標出願問題-T-ARAが拒絶理由書を提出【権利はどこに?】

グループT-ARAの前所属事務所MBKエンターテイメント側が特許庁にティアラの商標を出願した中でT-ARAのメンバーとして活動した4人(キュリ、ウンジョン、ヒョミン、ジヨン)が商標出願拒絶の理由をまとめた書類を提出しました。


ティアラ側は1月19日、法定代理人を通じて「ティアラは17日、前所属事務所であるMBKエンターテイメントが2017年12月28日ティアラ(T-ARA)を商標として出願したことについて、特許庁がこれを拒絶しなければならない事由をまとめた届出書を出した」と述べました。

 

ティアラ側は商標法上の登録拒絶理由が存在し、その理由に基づいた届出書を提出したと説明。

もし特許庁でこれを受け入れないとする出願公告が出された場合、再度正式に異議申し立てをするとのこと。

 

 

先だってMBK側は「昨年12月28日、特許庁にティアラを商標として出願した。会社がブランドの権利を有するのは当然だ」と説明しました。

 

 

これに関して韓国大衆文化芸術産業総連合(ムンサンヨン)側が1月19日、商標権論議に包まれたティアラとMBKエンターテイメントに関する立場を明らかにしました。

ムンサンヨン側は「発行元(MBK)は、グループを創作、制作、企画して発掘と投資を行い、グループの芸能活動と認知度の上昇のために多くの努力と時間を費やしているため、グループメーカーであり、創作者として認められなければならない部分である」と述べました。

続いて、 「また、創作者による創作物の所有権の主張は当然のことで、メーカーと創作者は、これらの所有権を放棄せず、また主張できる権利が十分にある」と強調しました。

 

以下は、ムンサンヨン公式立場の全文です。

 

ムンサンヨン、発行元のグループ名の所有権保障に対する声明の件

1.本協会(社)韓国大衆文化芸術産業総連合(以下「ムンサンヨン」)は、メンバーMBKの「ティアラT-ARA」の商標出願の問題と関連して、以下のような声明を発表します。

2.製作会社は、グループを創作、制作、企画して発掘と投資を行い、グループの芸能活動と認知度の上昇のために多くの努力と時間を費やすものであり、これはグループのメーカーおよび創作者として認められなければならない部分である。また、創作者による創作物の所有権の主張は当然のことで、メーカーと創作者は、これらの所有権を放棄せずに守る権利が十分にある。

3. MBKが制作、創作、企画したグループ「ティアラT-ARA」の商標権を出願することは製作者と創作者の権利であり、これは、MBKとティアラとの間の問題だけでなく、ムンサンヨン会員(社)団体の権利と利益保護に関連する問題としても認識される。

当然の所有権を持たなければならない製作会社の権利と財産に重大な損害を与える可能性がある、芸能人の悪意ある行為について、ムンサンヨンは今回の声明を通じて強く非難する。

ブランドの価値を高めるために、長年の時間の間に注ぎ込んだ制作会社の努力と多くのスタッフたちの犠牲を見捨て、金銭欲のためだけの道理に反する行為は、業界の秩序を毀損するものとして、根絶されるべきである。

4.グループを企画し発掘、運用した製作会社のグループとチーム名の所有権は、製作者と創作者の権利保護と直結した権利である。

ムンサンヨンは、これらの権利は保障されなければならないという立場を確固たる意志を持って明らかにし、業界の秩序と道徳を濁らせる不道徳な芸能人に限っては、強力な制裁を加えることができるという事実を明らかにする。

(社)韓国大衆文化芸術産業総連合会員団体



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

このページの先頭へ