T-ARAに関する誤報道を行った番組が謝罪【移籍・スーパーカー】

「セクションTV」が訂正放送を行いました。

1月14日放送されたMBC「セクションTV芸能通信」でMCのイ・サンミンは、グループティアラが財閥2世の王スチョンからスーパーカーをもらったという、先週の報道を訂正しました。


先立って、去る7日に放送された「セクションTV芸能通信」で製作陣は、ティアラのファンとして知られている中国の財閥2世の王スチョンが90億ウォン相当の解約金を支払ってティアラを既存のティアラ、中国の所属事務所側が迎え入れたと伝えました。

 

また、ティアラのメンバーたちにスーパーカーを一台ずつプレゼントし格別の愛情を表わし、それをうけ2年経つ今回、契約を解約したと報じました。

 

 

イ・サンミンは、「先週、王スチョンが巨額の違約金を支払い、スーパーカーもプレゼントしたと報じました。これは当時の報道を参考にしたもので、当事者が否定したため訂正します」と述べました。

続いて「これからは事実確認を慎重に行います」と付け加えました。


関連コンテンツ