ウンジョンが出演映画のインタビューで役作りについて語る

ハム・ウンジョンがT-ARAウンジョンとは違った魅力を見せてくれました。

ハム・ウンジョンは11月16日、ソウル龍山区CGV龍山アイパークモールで行われた映画「失踪2」(監督ジョ・ソンギュ)マスコミ試写会後の懇談会を通じて強烈なイメージの芝居に挑戦した感想を伝えました。


ハム・ウンジョンは「「行方不明2」の役作りで悩んだ所はありません」と話を切り出しました。

 

 

続いて「台本を読んだ時に感じる部分があるのか、また、この役割に共感できるかどうかが重要です。一度シナリオを楽しく読ませていただき、物語自体が客観的におもしろかったです。もちろん、暗い部分もありましたが、理解できる部分もありました」と自身の役割を分析しました。

 

 

一方、ハム・ウンジョンは映画「失踪2」で就職することだけが地獄のような現実から脱出することができる唯一の出口だと信じる暗い20代女性ソニョン役を演じました。


関連コンテンツ