元メンバーのアルムがオーディション番組に【噂について語る】

T-ARAの元メンバーアルムが自分を取り巻く噂に対し口を開きました。

10月28日初放送を迎えたKBS 2TV「アイドルリブートプロジェクト」にティアラ元メンバーのアルム出演。


アルムは「ティアラの活動当時「デイ・バイ・デイ」、「セクシーラブ」、「田園日記」で活動しました。ティアラを1年で脱退した理由は、不仲?不仲ではなかったとは言えない」と話し始めた。

続いて「家族にも争いはあります。お姉さんたちも若かったし私も幼かった。忙しく敏感になっている時だと、お互いに言葉を交わすことも少なくなりますが、その時の写真で「この子はいじめられた」という話が出てきました。私たち同士争いもありましたが、それも家族の中での些細な事です」と説明しました。

 

 

サンが「デマや悔しいことが多かったんだね」と言うとアルムは「代表的なものに不仲説や身柄説がありました。ハロウィーンの日を記念して、変装した写真をあげても身柄説に関連した憶測が飛び交いました」と語りました。

 

アルムは製作陣とのインタビューで、「最も辛い記憶です。信じられない話かもしれませんが、最終的に精神的な対人恐怖症も生じ始めました。人が怖くなり、まるでモンスターのように見えたんです。病院に行ってメンタルの治療を受けた期間も1ヶ月ほどありました。そのお陰で、もうほとんど問題ありません」と明らかにしました。

 

アルムは「鏡を見てガールフレンドの「フィンガーティップ」を踊った時に鏡の中の自分の姿がちょっともの足りなく感じられて。まだ生きているようで決意が固まりました」と「ザ・ユニット」への出演を決心した理由を明らかにしました。


関連コンテンツ