ウンジョンの過去の涙に再注目「ただ悪口を言われるだけ」【いじめ疑惑】

「公開しない理由があります。ただ悪口を言われる人として生きなければなりません。」

ティアラのウンジョンが過去の放送番組に出演して、自分の心境をすべて言葉で表現できず、涙を流した姿が改めて、ネチズン(ネット市民の略。ネットユーザーのこと)の話題になっています。


グループT-ARAの元スタッフが2月9日、インターネットのコミュニティサイトを介してティアラ出身のファヨン(本名ファヨン)と混成グループ男女共学出身の双子の姉ヒョヨン(本名リュ・ヒョヨン)に関する暴露文を上げて論議がおきています。

このネチズンは、ファヨンがアルムに送信した脅迫まがいのカトク写真まで公開し議論が高まっているのです。

 

 

加えて、ウンジョンが過去の放送番組に出演して「ファヨンいじめ説」に悔しさを訴えていたことが、新たにネチズンたちの注目を集めています。

ティアラのウンジョンは2015年4月28日放送されたMnet「4ショーシーズン2」でファヨンいじめ説に対して「真実である、というのは違う。私たちも全てを言うことが出来ないのには理由があります。しかし、語ることができないと・・・ただ悪口を言われる人として生きなければならないと考えました。(ネチズンが)編集した映像を観ると言葉が出てきません」と悔しさを吐露。

また、ウンジョンは、「大衆が既成事実化した内容は、間違ったものが多いです」と主張しました。

 

一方、過去にヒョヨンがティアラのアルムに送信したカトク文と関連した論議が大きくなるとヒョヨンの所属事務所側は「ヒョヨンは当時若い年齢であり、家族のことになると、むきになる状況だった。当時、ファヨンがあまりにも大変ソウだったので、家族を想う心情が出てしまった」と釈明しました。



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

T-ARAペン交流

交流や質問はコチラに
t-ara掲示板トップ

このページの先頭へ