T-ARAアルムの脱退前のSNSが再び注目を集める「失うものはない」

ティアラアルムの過去のSNS文が再びスポットライトを浴びています。

2月8日tvN「現場トークショータクシー」にファヨンとリュ・ヒョヨン姉妹が出演、過去のティアラいじめ事件の心境を告白した中で、5年前の議論の事件当時、ティアラのスタッフとして働いていたと主張する人がオンラインに文を載せて当時の事件が再び世間の注目を集めています。


このスタッフは、リュ・ヒョヨンがティアラの元メンバーアルムに送信したカトクメッセージを公開。

メッセージの中のリュ・ヒョヨンは美しいに「ミューバングで顔を殴る」、「放送出来ない顔にする」といった過激な発言をしています。

 

 

メッセージが公開された後、アルムがティアラ脱退前SNSに残した文も再度注目されています。

過去2013年ティアラから脱退したアルムは脱退前SNSに「私は本当に、もう失うものはないですからね。死ぬことも怖くないから。最初の予告」という文を残していました。

アルムはティアラ脱退前後に自分のSNSに様々な文章を残し不和説など、さまざまな推測を生んだことがあります。

 

 

一方、リュ・ヒョヨン側の関係者は「当時、ファヨンはあまりにも大変そうだったので、家族の心情が出てしまったのです」とアルムに送信されるメッセージについて説明しました。


関連コンテンツ