ティアラが日本3rdシングル「Roly-Poly」の印税を全額寄付することを発表しました。

 

ソース

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2012031120104805501&outlink=2&SVEC

 


 

ガールズグループティアラが日本福島原発事故1年を迎えて、現地の新しいシングル“ロリーポリー”の印税を全額を寄付することにしました。

ティアラの所属事務所コアコンテンツメディア側は11日午後、 “ティアラは福島原発事故1年を迎え、その時の被害を得た人々の痛みを考えて、日本のファンたちの愛にも恩返しをするために、日本の”ロリーポリー”アルバムの印税全額を寄付することを決定し、日本の所属事務所側に意思を伝達した“と明らかにしました。

 

続いて”ティアラの日本の所属事務所側でもその意を受け入れてくださってティアラの想いをよく伝えると明らかにした”と伝えました。

ティアラはその間、国内でも地下鉄の挨拶や奉仕活動の公約などを実践し、ファンのありがたさに直接応える姿を見せてきました。

ここで、今回は日本のファンの関心に報いるのために福島原発事故の寄付団体に日本の”ロリーポリー”アルバムの印税全額を寄付することで、もう一度”ゲニョムドル”として認められることになりました。

ティアラメンバーたちは”私たちの寄付で多くの方々の被害が消えることはありませんが、小さな助けになれば“と願っています。

一方、ティアラは昨年9月に”BoPeepBoPeep”で日本に本格進出やいなやオリコンデイリーとウィークリーシングルチャート1位に上がる快挙をおさめました。

それ以後、日本でリリースしたシングル”ヤヤヤ”や “ロリーポリー”もオリコンチャート上位圏に乗せて現地で高い人気を示しています。

 


 

メンバー同士で相談したのでしょうか?

こういう考えを持って、相談して下した結論だとしたら本当にすごいことですよね。

日本でリスクを抱えて活動しているのに印税を全て寄付して活動を続けるのは本当に勇気がいることだと思います。

ちなみに今日のオリコンチャートは16位でした。

韓国では大人気のT-ARAとはいえ日本でも活躍するのは容易ではありません。

そんな中でこういった活動を行ってくれるT-ARAを今後も応援していきたいです。

日本でも少女時代やKARAに負けない活躍をしてくれることを期待しています。


関連コンテンツ