T-ARA『No.9』-ドリームコンサートでの披露にレコード会社が反対

ガールズグループT-ARAのレコード流通社がドリームコンサートのステージで新曲『ナンバーナイン』を発表することに関して反対の立場であることを伝えました。

ティアラは10日、全5曲が収録されるミニアルバムの公開を控えて6日に開かれる『2013韓流ドリームコンサート』の舞台に上がった際、新曲『ナンバーナイン』の初舞台を公開すると発表しました。



しかし、レコード流通社は音源の流出を考慮して新曲を先に公開することには反対の立場を明らかにしました。

 

t-ara-number9-131002

 

ですがティアラのメンバーたちは「多くの人々の前で、音楽的に変化した姿を見せたいです」と所属事務所にドリームコンサートのステージで新曲を公開したいという意思を伝えました。

 

新曲『ナンバーナイン』は、ギターの旋律のイントロ後に強烈なサウンドが出てくるなど、ティアラメンバーたちの変身した画像と同じくらい、曲の中でも様々な魅力が隠されており、いろいろな感性を同時に感じることができる曲となっています。

2日に公開されたティアラの新しいカムバックイメージではファンに会いに行くというテーマをもとに、ブラック&ホワイトの強烈なイメージで注目を集めています。

 

一方、T-ARAは来る10日、ミニアルバムをリリースする予定です。


関連コンテンツ